聖書

(94) “あなたがたは、地の塩です。”

最近ではいろいろな化学調味料が開発されてきましたが、大昔から用いられている最も基本的な調味料と言えば、それは何と言っても『塩』でしょう。塩には2つの基本的な役割があります。1つは食べ物が腐る(悪くなる)のを防ぐこと。もう1つは、良い「味付け」をすることです。 現代の新聞やニュースを見聞きしていると、そこには『否定的・破壊的』なものが満ちています。戦争・飢餓・殺人・盗み・暴力・家庭崩壊などなど。このような「社会の腐敗」を、一体どのようにして止めることができるのでしょうか? イエス・キリストが「あなたがたは、地の塩です」 とおっしゃったとき、まさに彼はその話しを聞いている1人1人がこの「腐りかけた」世界の中で異彩を放って生きることを期待されたのです。疲れ果てている人々に『憩い』を、そして失望しかけている人々に『希望』を与えることができる者になるようにと。 否定的な生き方を初めから望んでいる人などいません。ほとんどの人は「忙しさ」や「不安・恐れ」また「ストレス」などの故にそのような生き方に追いやられているのです。私たちはそのような人々の言動や行動を操作することはできません。しかし、それらの人々に対する自分の態度(リアクション)は変えることができます。妥協したりあきらめかけている人々に同意する必要はないのです。私たちはそれらの中にあってなお、いつも『最高のもの』を求め、それに向かって最善を尽くすことができます。何故なら、私たちを造られ、私たちを愛し、今日も生きて働いておられる私たちの主イエス・キリストが、それを望んでおられるからです。 多くの場合、人々は「目覚まし」を必要としています。まだまだ残っているはずの「新たな希望・可能性」に向けるべき目が眠りかけてしまっているのを目覚めさせてくれる人、「キミはそんな風に感じているかもしれないけど、本当はそうではない!まだまだ希望はある!まだ試していないことはたくさん残っている!エネルギーを出し惜しみしないで!」と呼び覚ましてくれる人を。 あなたは眠ったまま干からびていく『塩』がいいですか?それとも腐りを止め、美味しく味付けする『塩』としてイエスと共に働きたいですか?

By Ken, ago
メッセージ

2013年9月8日 「『恵み』とは?」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ           「『恵み』とは?」       (08/09/2013) ◆『恵み』とは?   ・『恵み』はクリスチャンにとって特に重要。[エペソ2:5] ◆「恵み」に対するつまずき   ・聖書の教える『恵み』は、この世の視点から見ると「公平」ではない。     ①「ぶどう園労働者のたとえ」(マタイ20:1-16)  ②「放蕩息子の兄」(ルカ15:25-32)   ・この世は「恵みでないもの」で満ちている。(学校・職場・社会・家庭、そして教会も・・・) ◆現代の教会が直面している危機   ・教会が『恵み』を見失ってしまったら、もはや教会ではなくなってしまう・・・   ・イエスはどんな方だったのか?(詳しくは来週)    ①イエスはこの世の外から来られたので、「この世の価値観」に侵されていなかった。    ②イエスは造り主だったので、罪人たちの中にさえ『神のかたち』を見出された。 ◆「ただで受けた」者が「ただで与える」 [マタイ10:8]   ・[マタイ5:45-48] 天の父の『完全な』性質 = 相手に関わらず「最善」を与える ー これこそが『恵み』!     これは「この世のパターン」に真っ向から勝負を挑む。[ローマ12:2]      『心の一新』 ― 自分の「常識・思い込み・道徳」ではなく、「神がキリストにおいてしてくださった通りに」。 クリスチャンライフとは、「神の無条件の恵みと赦しを受け取って生きること」であり、 また「その無条件の恵みと赦しを、他の人々に提供していくこと」 ✯『恵み』によって死に、『恵み』によって生かされましょう!   Outline of the sermon Read more…

By Ken, ago