聖書

(138) “すべての点で自分自身が良いわざの模範となりなさい。”

「子供は親の教えたことには従わないが、親のすることはすぐ真似をする」と言われていますが、それは本当です。真の『しつけ』また『教育』とは、「正しいことを教える」ことではなく「生き様を通して模範を示す」ということです。『学ぶ』という言葉は本来「まねぶ」すなわち誰かのしていることを「真似る」ことから来ているのです。 あなたがオンラインでどのようなサイトを観ているのか、仕事や勉強にどのような態度で臨んでいるのか、家族や友人とどのように接しているのか、それらはあなたの周囲の人々に『真似』されて誇れるものとなっているでしょうか?また、あなたがあなたの配偶者を扱っている態度は、あなたの子どもたちが彼らの配偶者から受けてもらいたいような処遇となっているでしょうか? イエス・キリストはその生涯の中で数々の素晴らしい教えを残されましたが、その中の多くは「わたしがOOしたように、あなたがたも同じようにしなさい」というものでした。「わたしが愛したように・・・」「わたしが仕えたように・・・」「わたしが赦したように・・・」 イエスは、私たちが『ことば』からよりも『生きた模範』から多くを学ぶことをご存知だったのです。 現代の『インスタント時代』は私たちから多くの大切な習性を奪っています。「忍耐」「献身」「責任感」などなど。私たちは次世代に『便利さ』は残してやれるかもしれませんが、このままでは「卓越した人間性」を残してあげることはできません。今こそ私たちは、次世代に「真に豊かな人生」を受け継いでもらうために、「周囲の人々(少なくともあなたの子どもたち)のために『良き模範』になる」ということのために残りの人生をささげるべきではないでしょうか?

メッセージ

2014年8月24日 「神の国をもたらす生き方」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ       「神の国をもたらす生き方」     (24/08/2014) ◆「天の御国」と「地上の国」 ・イエスが地上に来られたことは、「天と地の関係」に大きな変革をもたらした。[マタイ11:12] *サタンは以前以上に活発に攻撃をしかけている。 律法の時代 ― 罪責感    恵みの時代 ― 試練,この世の誘惑 ・それ故、バプテスマのヨハネとイエス・キリストの私たちに対する警告は共通している。[マタイ3:2,4:17] 「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」 ◆神の国と「私たちの日常生活」 *私たちの日常生活に『神の国』をもたらすための3つの方法。    ①祈り [マタイ6:9-10] (と行動) ・「神の国の支配が、自分の日常生活の1コマ1コマに及ぶように。」 ・基本的には、神はご自身の御国の拡大に関して、もはや私たちを通して以外は何もなさらない。    ②お金の使い方 [ルカ16:1-13]  *「神のために富を用いるか」 or 「富のために神を用いるか」! 第1のポイント:私たちは他人のもの(神の富)を預かっている。 第2のポイント:神は、預けた富を私たちが「どう使うか」に注目しておられる。    ③人間関係 [マタイ25:31-45] ― 「行いが天国行きを決める」というたとえではない! ・私たちは与えられたものを、手をこまねいていないで、信仰と愛に根差して惜しまずにドンドン使うべき。 ・今あなたが目の前の人の必要に応えることができるなら、イエスはその人を通してあなたを見つめている。 Read more…