聖書

(180) “人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。”

ある男性が、何年もの結婚生活の末、妻との離婚を決意し、結婚カウンセラーの許に相談に訪れました。彼は離婚の意志を固めた理由を次のように述べました。「とにかくひどいもんです。妻は身だしなみもしようとしないし、冗談も通じないし、体形のことも省みません。家事もろくにできないし、はっきり言って魅力のかけらもないんです!」黙って聞いていたカウンセラーはここで大変有用な1つのアドバイスをしました。「分かりました。それでは離婚の準備に当たって、少しでも離婚調停を有利に進めるために、今日からしばらくの間、できるだけ『良い夫』としてふるまってください。まずできるだけ毎日仕事から早く帰宅するように心がけ、家に足を踏み入れたら、奥様に対してまるで『女神』に対するかのように優しく接するのです。何か魂胆があるかのように悟られてはいけません。ともかくすべての努力をして奥様を喜ばせようと努め、彼女のくだらない話にも熱心に耳を傾け、できるだけ家事を手伝い、そうそう、週末にはぜひディナーに連れ出すといいでしょう。何しろ相手は『女神』なのですから、時に応じて彼女の美しさや振る舞いに特別な言葉で賛辞を送るべきことは言うまでもありません。これだけしておけば、離婚調停において事があなたの側に有利に運ぶこと請け合いです。ではまた2ヵ月後にご連絡いたします。」 男は非常に満足し、一大決心をし、その日はバラの花束を抱えて帰宅しました。週末には妻をロマンチックなレストランへと連れ出し、毎晩寝るときには素敵な詩を読んで聞かせました。家事には積極的に協力し、妻の愚痴にも熱心に耳を傾け続けました。そのように過ごしていたある日、カウンセラーから電話が入りました。「さて、お約束の2ヶ月が過ぎましたが、離婚調停を進める用意はいいですか?」男は答えました。「離婚?一体何のことをおっしゃっているんですか?私は『女神』のような妻と生活しているんですよ!このような女性を妻にしているのに離婚を考えるなんて愚か者のすることですよ。悪い冗談はやめてください!」 この男は、以前は誤った種を蒔き続けていたために質の悪い実を得ていましたが、良い種(愛の種)を蒔き始めたら良質の実(麗しい結婚生活)を刈り取れるようになったのです。あなたは何か悪い種を蒔いてきたことによって大切なものを失いかけてはいませんか?今からでも、このカウンセラーのアドバイスに従って、良い種を蒔き始めてみてはいかがでしょう?

メッセージ

2015年8月23日 「父である神」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「父である神」       (23/08/2015) ◆神の最善 ― 「神が最善をなさる」という聖書的根拠は?[ローマ12:2] ・この世と調子を合わせていると(すなわち、うまく世渡りするために神を利用しようとしている間は)つかめない。 ・今回から3回に渡って、聖書から「神とはどういうお方か?」ということをじっくりと探っていく。 ◆父である神 ①創造者(生みの親)として [創世記1:1, 26-27] ・神はこの天地の創造主であり、また私たち人間をお造りになられた、言わば製造元。(Made in Heaven!) ・人生の調子が悪くなったら、この方の許に行くべきであり、取扱説明書(聖書)もある。[エペソ2:10] ・また1人1人のために特別な計画を持っており、その実現を待っておられる。[エレミヤ29:11-13] ②「しつけ」をする方 [ヘブル12:5-11] ― 『自由意志』を持つ私たちをご自身の似姿(本来の姿)に保つため ・神は「造りっ放しで放っておく無責任な親」ではない。私たちが最高の人生を歩めるためにしつける。 ・神は気分屋ではなく、公正かつ忍耐強い。私たちが自らの意志でご自身に近づいてくるのを待ち続ける。 ③保護者 [イザヤ41:10] ― 子どものために献身している。(裏切ることができない) ・神は私たちの自由意志を全面的に尊重しつつも、私たちの最善の歩みを期待することを止められない。 ・そんな神の愛を感じられないのは何故なのか?    [イザヤ59:1-2](『罪』とは、「神に反抗する心の態度」) ・神の愛を疑う人は、「現された神の愛」に注目! [ローマ5:8]   Outline of the Read more…

聖書

(179) “たとい法令にそむいても私は王のところへ参ります。私は、死ななければならないのでしたら、死にます。”

2006年に映画化された「One Night with the King」(日本語タイトル:『プリンセス・オブ・ペルシャ』)のもとになっている聖書の中の書物『エステル記』の主人公エステルは、彼女の同胞であるユダヤ民族のいのちを救うため、自分のいのちの危険を顧みず、法令にそむいて王の前に立ちました。(結果は、自分のいのちもユダヤ民族も助かるのですが…) あなたは何か「いのちを燃やす」ことがらに取り組んでいますか?それとも『無難』に日々を費やしていますか?もしかしたら「どうせ自分になんかたいしたことは成し遂げられやしない」と最初からあきらめムードですか?だとしたら、エドワード牧師が遺した次の言葉に耳を傾けてください。「私はちっぽけな1人の人間に過ぎない。しかし少なくとも1人の人間である。私には多くのことはできないかもしれない。しかし何かはできるに違いない。だからこそ、多くのことができないからといって、できることをもあきらめてしまうようなことは決してしない!」 この天地万物をお造りになった神様が、あなたをもお造りになられました。神はそのお造りになられた人間1人1人に「夢を持つ心」をお与えになりました。1人1人違った(ユニークな)夢です。もしあなたがその夢を追うことなしに人生を終えてしまうなら、その夢は永遠に実現される機会を失うのです。ある詩人は次のように書きました。「世界で最も悲しい言葉は、『もしかしたら、こうなれたかもしれないのに…』である。」 あなたの人生はまだ終わってはいません。いかがでしょう?今からでもそのいのちを燃やしてみませんか?あなたの人生の本当の終わりが来たときに「何だか自分の人生は、他の人の目ばかり気にしたものだったなぁ」などと振り返るのではなく、「私は神が私にだけ与えてくれた『夢』を追って、精一杯走りきることができた」と告白できたら何と幸いでしょう。その夢を追い始めるのに、まだ遅すぎることはありません!

メッセージ

2015年8月16日 「『自由意志』の意義」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「『自由意志』の意義」       (16/08/2015) *神が人類の従順を願っておられるなら、なぜ自由意志を与えたのだろう? 次のような理由が考えられる。  ①神の感情表現のため 神は感情をお持ちだと思いますか? ・『神の感情』は聖書の中にも数多く表現されているし、「神のご性質の完全な現れ」であった主イエスも情緒豊かだった。 ・もし人間が「神の意志だけを行う存在」だったら、神はご自身の豊かな『喜怒哀楽』を表現する場を失うだろう。  ②『神との関係』に生きるため ・親密な関係にある者だけが、相手を真に喜ばせ(悲しませ)ることができる。神はこの関係を望んでおられる。 ・イエスの命令は?[ヨハネ13:34] 私たちが神の愛を知り、それを地上で表現するようになることが神の喜び。  ③私たちの『信仰』のため ・『信仰』とは、私たちが自由意志を与えられているにも関らず、敢えて神の望んでおられる道を選び取ること。 ・神が喜ばれるのは、私たちが「偉業を成し遂げること」ではなく、「信仰によって生きること」。[ヘブル11:6] スモールグループでの分かち合いのために ①神が人類に与えた「最も神秘的な性質の1つ」とは何ですか? ②神が人間に『自由意志』を与えた理由と思えるものを3つあげなさい。 ③自由意志が与えられていることを神に感謝し、それを正しく用いることができるよう、互いのために祈りましょう。   Outline of the sermon         “Why did God give us ‘Free-will’?”   (16/08/2015) For the expression of God’s emotion. (Do Read more…

聖書

(178) “あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。”

社会に大きなインパクトを与えるような活動も、大抵の場合『ほんの小さな1歩』から始まるものです。マザー・テレサは「貧しい人々の役に立ちたい」という願いを神様から与えられ、たった1人でインドのカルカッタへ出かけ、誰も関心を払わないような道端で倒れて死にかかっている人々に手を差し伸べました。彼女は社会から忘れ去られた取るに足りない人に、ひたすら自分の心と思いの限りを注ぎ尽くしたのです。彼女は自分のちっぽけな働きがやがて世界中の注目を浴びるなどと思いも寄りませんでした。彼女の心の中には「神の愛に応えたい」という純粋な気持ちだけがあったのです。 もし大きな夢や目標を抱いて毎日を過ごしているのでなければ、私たちが行なっている1日1日の営みはあまりにちっぽけで虚しく感じられるに違いありません。しかしその「小さな営み」がやがてもたらそうとしている『大きな完成』を見つめていることができるなら、たとえ今していることがどんなに小さくても、私たちの心はワクワクしてくるのです。 3人の人々がそれぞれレンガを積み上げていました。1人目の人に尋ねました。「何をしているのですか?」 するとその人は不機嫌そうに答えました。「見りゃあ分かるだろ。レンガを積んでるんだよ!」 2人目の人に尋ねました。「何をしているのですか?」 彼はニヤリとして答えました。「1時間千円さ。結構いい稼ぎだろ?」 3人目の人に尋ねました。「何をしているのですか?」 するとこの人は興奮しながら目をキラキラ輝かせて答えました。「立派な城を建ててるんだよ。これはその大切な土台の1部分なのさ!」 私たちの日々の営みはあたかもこのレンガを1つずつ積み上げているようなものです。大切なのは、その行為そのものではなく、「どこへ向かって(何を見つめて)それを行なっているのか」ということです。あなたは3人目の人のような心を躍らせる「人生の偉大な目標(ゴール)」を持っていますか?それを与えることができるのは、あなたをこの世界に送り出された『天地創造の神』 ただ1人なのです。

メッセージ

2015年8月9日 「シンプルな人生」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ       「シンプルな人生」     (09/08/2015) ◆人生は複雑で大変? *何故人生がこんなにも複雑で大変に感じるのか?    実は「自分でそうしてしまっている」から。 ・必要以上にいろいろなことをし、またいろいろな人々(自分を含め)を喜ばせようとしているから。 ◆「シンプルな人生」のカギ ・実は2000年前にも同様の悩みを抱えた人がイエスのもとに来て尋ねた。「1番大切なことは何ですか?」 イエスはお答えになった。[マルコ12:29-30]  『たった1人の方』のために人生を使えばよい。[ヨハネ4:34] ・「イエスは生涯独身だったからそれができたのだ」という人もいる。ならば少なくとも独身者はそうするべき。 ◆既婚者の責任 ・イエスは「神を愛せよ」のみことばを旧約聖書から引用した。[申命記6:4-9] すなわち『家族を持つ人にとっての最重要事項』は、「神を愛すること」をまず自分自身が深く心に刻み、 そしてそれを同様に子供たちの心と思いにもしっかりと刻みつけること。 ◆家庭礼拝のススメ ・「家族全員で共に神の前に出ること」は神が親に委ねた責任。できるだけ早くスタートさせる。 ・家庭のリーダー(通常は父親)がみことばを選び、解説し、家族全員で覚える。週1回で十分。 ✯独身者には『神を第1とした選択』が、家庭持ちには「子供たちに『神を第1とすること』を教えること」が最重要!   Outline of the sermon     “Make your life simple!”     (09/08/2015) ◆Do you feel “Life is hard Read more…

ニュース

JCF25周年おめでとう!

2015年7月26日、サウスシティC3教会1階メインチャペルにて『JCF25周年記念礼拝』が行われました。当日は120人を越える人々が集まり、JCFの25年間の歩みを共に振り返りました。礼拝後はJCFスタート当初のレシピそのままに美味しいカレーライスが振舞われ、皆満足顔でした。参加してくださった方々、またお祈りくださった方々、本当にありがとうございました。そして何よりも、ここまで導いてくださった神様、本当にありがとう!!!

聖書

(177) “ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼(息子)を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。”

聖書は『ただ1人の神』について語りますが、しばしばそれは読み手である私たちが抱くイメージによっていろいろに様変わりします。ある人は『神様』と言えばすぐに「雲の上におられる白いヒゲの柔和なおじいさんで、何でもお願いを聞いてくれる」と思い描きますが、別のある人は『神様』と聞くと反射的に「怒りっぽい大王で、手にムチを持っていて、いつも私たちを見張っていて、失敗するとバチをあてる」とイメージします。 しかし聖書が私たちに伝えようとしている『神様』はそのどちらとも違います。イエス・キリストはまさに私たちのそのような誤解を解くためにこの世界に来られ、その教えと生き様とを通して『正しい神のイメージ』を私たちに伝えようとされたのです。彼が伝えた神のイメージ、それは言うなれば『愛に病む父』です。 神は私たち人間をお造りになられました。それは私たちが神との「愛の関係」を保ちつつ、この地上に増え拡がって行くためです。ところが私たち人間は「自分の益」に心を奪われ、神を見失い、他の人々への思いやりも忘れて「自分のこと」に終始するようになってしまいました。そのような私たちの様子をご覧になり、私たちの生みの親である『天の父』は日々心を痛めておられるのです。 神の求めておられるのが、単なる『従順な子供』としての私たちではなく「私たちとの愛の関係」であるため、神はそれを「無理強いする」ことができません。ただひたすら私たちがその愛に気づいてご自身の許に帰ってくるのを「待ち続ける」しかないのです。この『神の愛』に応えるためにあなたにできることは「一生懸命『良い子』を演じること」ではなく、この天の父の愛に向かって振り向いて「今までお待たせしてごめんなさい。これからはぜひ一緒に生きて行きますから、どうぞよろしく!」と言うことなのです。

メッセージ

2015年8月2日 「正しい神のイメージ」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ       「正しい神のイメージ」     (02/08/2015) ◆神のイメージ ①柔和なヒゲのおじいさん(どんな願い事も叶えてくれる。いて欲しいときだけいてくれる) ②ムチを持った怒りっぽい大王(いつも私たちの行動を見張り、ちょっとでもミスをすると罰を与える) *聖書に描き出されている神のイメージは『愛に病む父』。 ・私たち1人1人をこよなく愛し、私たちからも愛されることを望んでいる。 ・『愛による関係』を望んでいるが故に、強制することができない。ひたすら待ち続ける父。[ルカ15章] ◆罪に対するイメージ ①罪を感知できない ― 何が罪だか解らないし、自分のどこがいけないのか、自覚がない。 ②自分で何とかしたい ― 罪の自覚はあるが、自分の責任なのだから、自分で解決しようとする。 ③あきらめ ― 「自分はどうせデキが悪い」とあきらめている。悩みたくないから放っておいて欲しい。 *「神の正しいイメージ」が「罪に対する正しい理解」へと導く。 「自分の今の状態が、神を苦し(悲し)ませている!」 ・そして『神の痛み』を理解するなら、その解決のために「神の側から差し出された和解」をも受け入れられる。 ◆「神の子」としてのイメージ  「良い子でいる限り大丈夫」? ・『神の子』とされているかどうかは、「私たちの立派さ」によるのではなく、「私たちの内に主イエスがおられる  かどうか」による。[ヨハネ1:12]  そしてイエスの約束は、「決して離れず見捨てない」。[へブル13:5] ・『神の子として生きる』というのは、「見放されないためにどうしたら良いか?」ではなく、「決して見放されない からこそ、どう生きたら良いか?」ということ。 ✯クリスチャン・ライフは、「いつも神を笑顔に保ち、その笑顔に笑顔で応えていくこと」   Outline of the sermon   “Have Read more…