メッセージ

2016年1月24日 「神の子とされた!」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「神の子とされた」      (17/01/2016) *福音の中身① 「キリストにあって『神の子』とされている」![ガラテヤ3:26] ◆「神の子どもとされる」とは? ・旧約聖書における神とユダヤ人との関係とは全く違う、後の世まで続く『永遠の愛の関係』。[ヨハネ1:11-13] ◆父なる神が、その子供たちにしてくださる2つのこと ①その必要をすべての良きもので満たす [マタイ6:25-26] ・神はご自分の子供たちを特別に扱われる。私たちがひもじかったり、暗く沈んでいることを望まれない。 ・神は「物質的な必要」と「内面的な必要」の両方を『ご自身の良きもの』で満たしてくださる。 ②成長を助ける ― キリストに似た者と変えていく(御国の住人として整える) ・神は「私たちの努力」によるのではなく、『信仰による応答』を用いられる。 ・主な2つのもの(「聖霊の働き」と「試練」)によって。[へブル12:6-8, 10] ― 『聖霊』については、また後で ・いつまで? = 霊的な『大人』とされるまで。 成長の度合いは人によって異なる。 ・『訓練』は、「子供のポテンシャルを最大限に引き出したい」という、子に対する父親の愛情表現。 ◆[ヨハネ15:16] ・私たち1人1人がイエスを通して「子とされるため」に選ばれたのは・・・     ①人生において「いつまでも残る実」を結ぶため  ②そのための必要を父に求めて受け取るため ・ただじっと『現状維持』を保って、私腹を肥やすためではない! ✰私たちは、イエス・キリストによって神の子供とされ、イエス・キリストによってそれぞれの人生へと 遣わされ、イエス・キリストによって必要を与えられながら、いつまでも残る実を結んでいくのです!   Outline of the sermon  Read more…