メッセージ

2016年3月20日 「信じる者に伴うしるし」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ        「信じる者に伴うしるし」     (20/03/2016) ◆福音の中身⑥ ― 「信じる者に伴うしるし」(信じる者は「イエスのわざ」を行う、と言われた)[ヨハネ14:12] ・イエスが最も頻繁に行われたことは「病のいやし」[ルカ6:19] ― これはイエスの『メシア性』をも証明。[マタイ8:16-17] ・これはもちろん私たちの能力を超えた、イエスにしかできないみわざ。しかし彼も私たちを必要としておられる。 ◆『病のいやし』の意味   ①「病がいやされること」は、神のみこころである。 ・神のみこころは、私たちが「神との個人的な関係」に招き入れられ、『人間本来の状態』へと回復されること。 病がその人にとってつまずきとなっているなら、神は喜んでいやされる。また『愛の神』は私たちが「不必要 な苦しみ」にさいなまれることを望まれるはずがない。 ②「信じる者に伴うしるし」は、福音宣教と共に働く。 [マルコ16:15-20] ・神の目的は「しるしそのもの」ではなく、人々を「ご自身との個人的な交わり」の中に招き入れること。それ故 イエスは「ご自身のことが大胆に紹介されている場面」で『自己紹介』としてみわざをなさる。 ・私たちが「奇跡的なみわざそのもの」や「手足として用いられる自分自身」に注目してしまうならば、イエスは もはや働くことができない。 ◆『祈り』ではなく、『宣言』 ・聖書の中で、誰かが「いやしのために祈った」という記事はほとんどない。それらはいつも「命令」や「宣言」。 ・私たちの熱心さや費やした時間の長さではなく、「イエスの力や権威」「愛と信仰」をもって、聖霊(キリストの 心)に導かれて、手を置き命じる。祈るなら、それは「手を置いてから」ではなく、その前。[使徒28:8]    Outline of the sermon     “Signs accompany believers.”   (20/03/2016) Read more…