聖書

(264) “私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。”

1899年、アメリカの『特許局』が閉鎖に追い込まれそうな時期がありました。何故なら当時の最高理事であったチャールズ・ドゥエル氏が「可能性のあるすべての発明品は、発明尽くされた」と発表したからです。もちろんこのコメントは現代の文明発展から見れば「あきれるほど愚かしい」ものですが、もしかすると私たちの思いの中にも同様な『勘違い』が蝕んでいることがあるかもしれません。 私たちはしばしば自分自身に「そんなことは無理」「自分にそんな資格はない」「時間の無駄だ」「失敗したらどうする?」などと否定的なメッセージを送り続けることがあります。それはあたかも自分がやっと入れるサイズの箱の中に自分で閉じこもっておきながら「誰が自分をこの箱の中に閉じ込めたのだろう?」と問うているようなものです。 こんな話があります。生まれつき体の不自由な男の子がいました。母親が医者に診せたところ「これは今の医学では手の施しようがない」という診断でした。やむなく母親はその子を「車輪付きの木かご」に入れて、どこに行くにもそれを引きながら連れ回していました。やがて男の子は困ったことを始めました。体を激しく揺らして木かごを倒すのです。その度に母親は倒れた木かごを起こし、徐々に重くなる息子を抱き上げて木かごに戻さなければなりませんでした。同じような出来事が何度も繰り返された後、ある日同様に倒れた木かごから転がり出た男の子は、自分の足で立って木かごを起こし、自分でその上に這い上がったのです!やがてこの男の子は普通に歩けるようになったそうです。 もしかするとしばらくの間だけなら「箱の中に住む」のは居心地が良いかもしれません。しかし神はあなたを「箱の中で生きる」ようにはお造りになりませんでした。むしろ「神が与える果てしない可能性の中に生きる」ようにデザインされたのです。「箱の中」に閉じ込めたのは誰でもありません。他ならぬあなた自身なのです。ですから恐れないでその箱から破り出て、「不可能を可能にされる神」がお定めになった『フルサイズの人生』へともう1度チャレンジしてみましょう!

メッセージ

2017年6月25日 「みことばと聖霊のメカニズム」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ     「みことばと聖霊とのメカニズム」   (25/06/2017) ◆聖霊は『みことば』によって導く   ・『聖霊』と『みことば』は共に働く。この2つは決して矛盾しない。[ヨハネ14:26]   ・「みことばによる聖霊の導き」は、すべてのクリスチャンにとって重要である。それは下記を意味する。 《みことばによって聖霊に導かれて生きること》 = 《この世にあって『神の国』に生きること》 ◆「この世」から「御国の真理」へ   ・元々この世界は『神のことば』によって造られた。[ヘブル11:3, 創世記1章] それは人類が神のことばに従って     生きることによって祝福を受けるため。しかしアダムとエバの不従順によって、この地は呪われてしまった。   ・神は自らの手でこの世を造り変えるのではなく、「全権を委ねた人類の手」を通してこの地に『神の国』をもたら    そうとしておられる。それ故まず「真理のみことば」によって、信じる者をこの世から取り出す。[ヨハネ17:14-17]   ・この世から取り出された私たちを、聖霊は「神の国の民」として『真理』へと導く。[ヨハネ16:13] この『真理』とは    神がご自身のみことばによって造られた本来のこの地にのみ通用する法則。そこには「神のいのち」があふれ    ている。私たちはそれを「人間的な理性」によってではなく、「聖霊による深いうなずき」によって感知する。 ◆『信仰』の役割   ・『真理』を自分の人生において成就させるためには、人生を懸けてそれを信じ従わなければならない。[ヘブル     4:2] イエスは、本気で彼のことばを受け入れ、そのことばの上に人生の土台を据える者には、この世にあっ     て「神の国の民」だけが味わえる『自由』を約束された。[ヨハネ8:31-32] 次のように祈りつつ聖書を読もう! 「主イエスよ。今日もあなたに信頼し、あなたに従います。これからあなたのみことばを読みますが、 どうぞ聖霊によってあなたの真理を示し、今日も私を『神の国の民』として歩ませてください!」   Outline of the sermon      “Mechanism between the Spirit & Read more…

メッセージ

2017年6月18日 「聖霊による導き」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「聖霊による導き」        (18/06/2017) *主イエスは愛の故に私たちを「ご自身との共同作業」へと招く。どうやって? ⇒ 聖霊によって。[ガラテヤ5:25]    では聖霊は、一体どのようにして私たちを導くのか? ― 主に4つの方法がある。 ◆聖霊が私たちを導く4つの方法   ①聖書のみことばによって。[詩篇119:130]     ・「みことばの戸を開く」のが聖霊。聖霊は私たちの心に「神のことばの真意」を説き明かす。   ②祈りによって。[ピリピ2:13]     ・これは、「祈りの中で浮かんだアイディアは、すべて聖霊による」ということではない。     ・主イエスが「神としてのご自分の立場」をお捨てになられたように、「私の願いではなく、あなたのみこころが      なりますように」と自分自身をささげて祈る中で、聖霊の導きを待ち望む姿勢が必要。   ③身の回りの出来事を通して。[ヨハネ5:19]     ・これが、主イエスが日々の歩みの中で持っておられた意識。     ・神は今でも私たちの周囲で、常にみわざを行っておられる。もしそれらの特定の1つがあなたの心を捕らえ      て離さないなら、それは神がそこであなたをご自分のみわざに招いておられるのかもしれない。   ④教会を通して。[ヨハネ14:12]    ・「わたしが父のみもとに行くから」とは、「聖霊が地上に臨まれる」ということ。[ヨハネ16:7]    ・聖霊によって『教会』が誕生した。今やキリストのみわざは、この『教会』を通して、全世界で展開されている。 ◆『わざ』 ではなく、『関係』   ・聖霊がこのように私たちを導くのは「私たちに何かをさせたいから」ではなく「主イエスをもっと知って欲しいから」。私たちは    聖霊の導きにより主イエスと共に働くことを通して、体験的に主イエスを知り、更に『親密な愛の関係』へと結ばれて行く。   Outline of the sermon    “How does the Read more…

聖書

(262) “恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのもの。”

私自身は確かめたことはありませんが、聞いた所によると聖書の中には『恐れるな』という表現が365回出てくるそうです。それはあたかも神様が私たち1人1人に毎日「恐れる必要はないんだよ」と語りかけてくださっているかのようです。 聖書の神は、ただ単に「気休め」のつもりで『恐れるな』と言ってくださっているのではなく、ちゃんとした根拠をもってそう語りかけてくださっています。その根拠というのは、「あなたはわたしのものだから、必ずわたしが守る」という約束に基づいているのです。 私たちすべての人間はこの『創造主なる神』によって造られました。ですから元来私たちは全員「神のもの」です。しかし神は敢えて私たちがご自身にとってどれほどに価値有る存在であるかを示すために、私たちのために代価を支払ってくださいました。『贖う』ということばは「代価を支払って購入すること」を表す古い表現です。そして神様は私たちを『贖う』ために、ご自身のひとり子(イエス・キリスト)のいのちを支払われたのです。私たち1人1人は、この天地万物を造られた唯一まことの神の前に、それほどに価値有る存在なのです! 「私には自分がそれほどの価値がある者とは思えない。」あなたはそうおっしゃるかもしれません。実際、この世の多くの人々や社会は「能力」「財産」「経歴」などによって人間の価値を測り、しばしば自分自身の足りなさを認めたくないがために他の人をこき下ろそうとしたりします。しかし『人間の真価』を正しく評価することができる存在は、私たちをお造りになり、しかも私たちの「隠れた行いや可能性」さえをもご存知の神様以外にあり得ないのです。彼が私たちに対して下す評価の前には、他の人々の評価などは全く注目するに値しません! もし今日あなたが「自分自身の内なる声」や「周囲の人々の声」から注意をそらして、「あなたはわたしのものだ。恐れるな。」と呼びかけてくださる『創造主なる神のことば』に心を向けるなら、あなたは正しい自己評価を持って残る人生を雄々しく歩んで行くことができるのです。

メッセージ

2017年6月11日 「神は『愛の関係』に招かれる」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ     「神は『愛の関係』に招かれる」   (11/06/2017) ◆神がまず愛してくださった ・[ヨハネ14:21] ⇒ それでは、「神(イエス)を愛さない者」は、愛されないのか? ・先に愛してくださったのは、神ご自身。[Ⅰヨハネ4:19,ローマ5:8] ― 私たちの愛は「神の愛に対する応答」。 そしてこの『応答』は、私たちを更に深い「神との愛の関係」へと招き入れる。 ◆イエスのくびき ・「神を愛する」とは、「神に聞き従う」こと。[Ⅰヨハネ5:3] ・神が「100%良い方である」と信じるなら、「神の勧めに従うこと」こそ最善の道であると信じられる。 だからこそ私たちは、「神の命令を守ること」によって、神への愛と信頼を表現する。 ・神の命令に従うことは「人間的な力」では無理。それ故イエスは、『共にくびきを負う』ように招かれる。 [マタイ11:28-30] ・「くびき」は、気ままに進みたい者にとっては束縛だが、パートナーに寄り添って生きる者には大きな力になる。 ◆御父とイエスと私たち [ヨハネ15:9-12] ・イエスは「父がわたしを遣わされたように、わたしもあなたがたを遣わす」とおっしゃった。したがって、御父が いつもイエスと歩まれたように、イエスもいつでも私たちと歩まれる。そこにあるのは『愛の関係』。愛し合う者 同士の間には、言いようのない喜びがある。 ・イエスの『戒め』は、「イエスが愛されたように互いに愛し合う」こと。しかし「愛そう」とする度に、自分の愛のなさ を痛感させられる。どうすればいいのか? → [ローマ5:5] 内なる聖霊を解き放つ! ✰ イエスが愛したい人々のところへ、信仰によって出て行こう!   Outline of the sermon      “God invites Read more…

聖書

(261) “先の事どもを思い出すな。昔の事どもを考えるな。見よ。わたしは新しい事をする。”

あるコメディアンがこんなジョークを言ったそうです。「私が結婚する時に、ぜひ欲しいウェディング・ギフトは『結婚式の録画ビデオ』です。というのは、結婚生活がいよいよ破局に陥った時、1人きりで部屋にこもってそのビデオを逆回しに再生し、独身だった自分に戻って再び自由を謳歌するためです!」 このジョークを聞いて思わず笑いそうになってしまいますが、実際は私たちは過去に戻って人生をやり直すことはできません。いやむしろ、そのような「後ろ向きの姿勢」で生きていたら、決して豊かな未来を迎えることはできません。私たちは「過去に憧れる」のではなく、「過去から学ぶ」べきなのです。私たちはしばしば「あぁ、こうなることが初めから分かっていたなら…」と言ってしまうことがありますが、もしそのような体験から何かを学び将来に生かして行かないなら、今後何回も同じ事を繰り返して言うことになるのです。「あぁ、もしあの時夫(または妻)に対して冷たい仕打ちをする代わりに、ただ赦すことができてさえいたら、今頃もっと豊かな結婚関係を築けていたかもしれないのに…」「もしあの時あの子を産んであげられていたら、今頃私の人生にはもっと喜びと平和がもたらされていたかもしれないのに…」 あなたの優しい良心は、そのような後悔の念にさいなまれてしまってはいませんか?「もしもあの時 …」「もしもっとこんな風に …」と。 あなたをお造りになり、今日もあなたをご自身の愛の内に招いておられる神は、聖書を通して次のように語りかけておられます。「イエス・キリストの十字架における身代わりの死によって、あなたの罪は赦された!」「わたしはあなたの罪をぬぐい去り、それらを2度と思い出さない」そして冒頭のように「過去のことを思い出すな。見よ。わたしは新しい事をする」と。 自分の手に届かない『過去』は「神様の全能の御手」にお任せし、過去の失敗から学んだ経験を生かして、神様が用意してくださっている『未来』に向かって今日も前進して行きましょう!

メッセージ

2017年6月4日 「『神の栄光』の主導権は神にある」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ     「『神の栄光』の主導権は、神にある」   (04/06/2017) ◆主導権は、神が取る [Ⅰコリント6:20b] ・「自分のからだをもって神の栄光を現す」といっても『自分』が頑張るのではない。「神の栄光を現す」時は、い つでも神が『主導権』を取る。では、神はどのようにして私たちを「ご自身の栄光の器」として整えられるのか? ◆私たちを「神の栄光を現す者」とするために、神がなさる3つのこと。 ①私たちが「神のものとされている」ことを悟らせる。[Ⅰコリント6:19-20,イザヤ43:1-2] ・『贖う』=「代価を払って買い取る」。私たちは元来神によって造られた「神のもの」であったのに、神は改めて 「私たちが神にとってどれほど価値ある存在か」を示すために『ご自分のひとり子』を代価として支払われた。 ・神は「私たちがどれだけ立派か?」ではなく、「どれだけの代価を支払って買い戻したか?」に注目なさる。 ②私たちに対する「神の愛がどれほど深いか」を悟らせる。 ◎神の「クリスチャンに対する愛」は、「未信者に対する愛」に優っている! ・私たちが主イエスを受け入れて以来、イエスは私たちの内に住んでおられる。[Ⅰヨハネ5:12] 神は今や私 たちの内に『最愛の御子』をご覧になる。御子を持たない人々を見る目とは決定的に違う! ・また、神は「私たちの内に住まわせたご自身の霊(聖霊)」を決して見逃されない。[ヤコブ4:5] ③「私たちの弱さ」を悟らせる。[ヨハネ15:5] ・イエスにとって、私たち1人1人は「神の栄光を現すべき存在」。その視点では、まさに私たちは、主イエスを 離れては「何もすることができない」存在。神はそのことを私たちに気づかせるために、しばしば私たちが 『挫折』を経験することを許される。[Ⅱコリント12:8-10] ✰「栄光の器」とされるため、「神のものとされていること」「かけがえのない存在として愛されていること」そして「神の憐れみなしには生きられない、弱い者であること」を心に刻みましょう。   Outline of the sermon      “God takes initiative to reveal His glory.”    (04/06/2017) Read more…