2020年3月29日 「自宅待機中の心得」

メッセージをYouTubeで観る 説教あらすじ   「自宅待機中の心得」   (29/03/2020) ◆真に大切なもの   ・NZ政府の思慮深い判断と行動力に感謝。そこまで感染者が増えないうちに、思い切った措置をしてくれた。   ・NZには良い点がたくさんある。先日空港に送って行った人々が口を揃えて「NZは人に優しい」と言っていた。  ◎[ペテロの手紙 第1. 4:7~8]   ・この箇所で使徒ペテロは2つのことを勧めている。①『祈り』に備える ②熱心に愛し合う。    日頃の私たちは、多くの活動や様々な人間関係のために、心も体も忙しい。しかしこのような制限が加えられた今、ゆっくりペースで生活していると「本当に大切なもの」「真に時間を費やすべきこと」が見えてくる。 ◆「祈ること」「愛すること」   ①神の前に静まり、祈る    ・今年の初めに礼拝の中でも行ったように、まず十分な時間を取って「神の前に静まり」、自分の思いが落ち着くのを待ってから、神からのささやきに心の耳を傾ける。このような時間を持つことが、日々の歩みを飛躍的に豊かにする。   ②互いに熱心に愛し合う    ・今の状況は、夫婦や家族にとって「豊かな時間を一緒に過ごす」ための絶好のチャンス。存分にコミュニケーションを取ろう!    ・家族から離れている人や独り暮らしの人は、SNSをフル活用して「離れている家族や友人たち」と連絡を取り合おう。時差はあるかもしれないが、今なら夜更かしや朝寝坊もきっと許されるのでは?  *私が楽しみにしているのは、次回皆で集まれる時に、それぞれが多くの証を携えて再会できること。また、しばらく離れていたはずなのに、互いの親しさが増していて、それでもやはり顔と顔とを合わせられた互いを喜び合    えること。その日を楽しみにしながら、①祈ること、②愛すること に励みましょう! Outline of the sermon      “Some thoughts on ‘self‐isolation’.”    (29/03/2020) ◆It reminds us what is important.   ・I am grateful for NZ government as they made good quick decision before the situation becomes Read more…

2020年3月22日 「救われた者の歩み」

説教をダウンロードして聴く 説教をダウンロードせずに聴く 説教あらすじ        「救われた者の歩み」   (22/03/2020) [マタイの福音書 25章31~40節] ― この箇所を読んで「救いは行いによる」と感じるなら、読み誤っている。 ◆救いは『キリストとの個人的なつながり』による [31~34節]   ・「羊とやぎの違い」は、生まれたばかりはほとんど見分けがつかないが、成長と共にはっきり現れてくる。    同様に『キリストを牧者とする羊たち』も、やぎたちによってかもし出される「この世の流れ」の中でキリストとの    個人的な絆によって「羊としての性質」をしっかり保ちつつ生きる時、やぎたちとの違いが歴然としてくる。 ◆救いは『生きた信仰』による [35~39節]   ・羊たちの『良い行い』は、「救われるための条件として励むもの」というよりは、「既に救われている証拠」として    自然に現れてくる『実』のようなもの。羊たちはこれらをほとんど「無意識的に」行っていた。    また、「(迫害の結果として)牢にいる信仰の友を訪問する」というリスクを犯すには、真の兄弟愛に裏打ちされた    『生きた信仰』が要求される。[ガラテヤ5:6] この『生きた信仰』に動かされて歩む時、私たちの1つ1つの行為    はイエスに対してなされている。[40節] ✰今日のキーワード: 「生きた信仰」 ◎学びを深めるための質問  ①何故、「[マタイ25:31-40]は、『救いは行いによるのだ』ということを表していない」と言えるのですか?  ②この箇所で「羊とヤギ」とは、どういう人たちのことを描いていますか? また何故そう言えるのですか?  ③ここで王は何故「わたしの兄弟の最も小さい者にしたのは、わたしにしたのだ」とおっしゃったのでしょう? Outline of the sermon      “Life of ‘people in Christ’.”    (22/03/2020) [Matthew25:31~40] ― You are misunderstanding if you feel “Salvation comes from our Read more…

2020年3月15日 「イエスが愛したように」

メッセージをダウンロードして聴く メッセージをダウンロードせずに聴く 説教あらすじ 「イエスが愛したように」   (15/03/2020) ◆選ばれた人々   ・『神の家族との関係』(クリスチャン同士の関係)を考える時に、まず思い浮かぶイエスの言葉。[ヨハネ13:34]    イエスはこの『新しい戒め』を繰り返された。[ヨハネ15:12, 17]  「私が愛したように」がカギ。   ・イエスはこの「弟子たち」そして「私たち」を『選ばれた』。[ヨハネ15:16] 言い換えるなら、神は私たちを「愛する    ため」また「愛し合うようになるため」に、ご自身の主権とあわれみによって引き寄せてくださった。[ヨハネ6:44] ◆イエスが愛されたように   ・イエスは弟子たちを「みそばに置くため」に選ばれた。[マルコ3:14] イエスは彼らの不信仰を嘆かれたことはあ    ったが、決して見捨てることはなかった。イエスの愛し方は、①共に多くの時間を過ごし、②最後まで「これらの    者たちはいつか必ず成長し実を結ぶようになる」との期待・信頼をもって関わったこと。   ・また「イエスのように愛する」とは、相手が「神から与えられているポテンシャルをフルに発揮できるようになる」    ために、その相手が更に神を求め、神を知ることができるように「教え・励まし・助ける」こと。[ローマ14:19] ✰今日のキーワード: 「選ばれた存在」 ◎学びを深めるための質問  ①私たちはどのような点で『特別な存在』ですか? また何故そう言うことができますか?  ②「イエスが愛したように愛する」とは、どのようなことが含まれますか? それはあなたの予想とどう違いますか?  ③『互いの霊的成長』のために「今のあなたにできること」と「あなたが変わらなければならない点」は何でしょう? Outline of the sermon      “As Jesus has loved us.”    (15/03/2020) ◆Chosen people.   ・Jesus clearly taught his disciples how they can grow in “Relationship among believers”. [John13:34]    Jesus Read more…

神と人との三角関係

メッセージをダウンロードして聴く メッセージをダウンロードせずに聴く 説教あらすじ  「神と人との三角関係」   (08/03/2020) ◆『関係』の中におられる神   ・使徒パウロは「自分たちは神の願いを達成するための『神の協力者』である」と言った。[Ⅰコリント3:9]   ・神は「私たち1人1人」に興味を持っておられると同時に「私たちの人間関係」に強い関心を抱いておられる。[マタイ18:20]    ところが、『アダム&エバ』の関係が神から離れてしまって以来、人は「神を交えた人間関係」の中に生きる喜びを失った。 ◆「神を交えた人間関係」のために備える   ・前回学んだように、イエス・キリストこそ「神を愛して生きる歩み」の完全な模範。彼は決して父なる神から目を    離さず、また出会う人全てに御父を思い起こさせた。このキリストが私たちの内におられ『出番』を待っている。   ・「キリストならどうなさるか?」と想像力を働かせることが大事なのではなく、「内なるキリストが何をしようとして    おられるか?」に気付くことが重要。朝ごとの『デボーション』は、まさにこの『内なるキリスト』を見つめることに    よって「神との親密さ」を確認し、「キリストの心を抱いて、その日の人々との出会いに備える時間」である。   ・マリアとエリサベツの『胎内の子』同士が呼応し合ったように[ルカ1:39-45]、私たち『キリストにある神の子同士』    が互いに「内なる御霊が呼応し合うような関係」を築いて行こう! ✰今日のキーワード: 「神を交えた三角関係」 ◎学びを深めるための質問  ①「自分の内に住まわれるキリスト」を意識させられた経験はありますか?それはどんな風に起こりましたか?  ②神はあなたを取り巻く『人間関係』に興味を持っておられます。あなたはこの点でどんな神の助けを必要としていますか?  ③「クリスチャン同士の交わり」において、『内なる御霊』を小躍りさせるような交わりとは、どのようなものでしょう? Outline of the sermon      “Triangle relationship with God.”    (08/03/2020) ◆God is within “our relationships”.   ・Paul described ourselves as “co-workers in God’s service”.  We work in harmony for God’s Read more…

2020年2月16日 「仲介者なるイエス」

メッセージをダウンロードして聴く メッセージをダウンロードせずに聴く 説教あらすじ         「仲介者なるイエス」     (16/02/2020) *「人となられたキリスト」こそ、まことの『神と人との仲介者』。[Ⅰテモテ2:5] ◆人々の霊的必要を満足させた   ①「神とは誰か」を正確に分かりやすく啓示することによって。    ・イエスはそれまでの教師たちとは全く違ったレベルで、聖書や神の国について説き明かした。[マタイ7:28-29]   ②「神が私たちを理解してくださること」を知らせることによって。[ヘブル2:18]    ・イエスは私たちと同様に様々な試練を味わった。誰も「神に私の苦しみなんか分かりっこない!」と言えない。 ◆父なる神の切なる願いを満足させた   ①人々の痛みを自らが味わうことによって。    ・人々に対する御父の愛は、彼にご自身のひとり子を通して「人とは何者なのか」を体験させた。[ローマ8:34]   ②罪の贖いを果たすことによって。[Ⅰテモテ2:5-6]    ・イエスは御父への愛ゆえに、御父が直接人々との交わりに結ばれるため、その身をささげた。[ヘブル10:20] ◎この方こそが、正真正銘の救い主!父なる神との交わりを可能にする唯一の道![ヨハネ14:6] ✰今日のキーワード: 「たった1人の仲介者」 ◎学びを深めるための質問  ①イエスはどのようにして「人の霊的必要」を満足させましたか?あなたはこの『満足』をどう体験していますか?  ②イエスはどのように「御父の願い」を満足させましたか?イエスと同じ心があなたの中にあるのを感じますか?  ③今日の学びを通して、あなたの「イエスに対する理解」や「御父との交わりを願う思い」はどう変わりましたか? Outline of the sermon      “Jesus, the only mediator.”    (16/02/2020) *Jesus, who became human, is the only true “mediator between God and us”. [ⅠTimothy 2:5] ◆He gratified spiritual needs Read more…

2020年2月9日 「世界で最も安全な場所」

メッセージをダウンロードして聴く きょうかちゃんの証をダウンロードして聴く メッセージをダウンロードせずに聴く きょうかちゃんの証をダウンロードせずに聴く 説教あらすじ       「世界で最も安全な場所」   (09/02/2020) *『世界で最も安全な場所』 = それは「世界最強かつ最善な『父なる神』との交わりの中」 ◆「神の招き」と「私たちの応答」   ・神はいつでも、その愛の故に私たちを招かれるが、私たちが「自分の意志」で応答しない限り何も起こらない。   ◎神は継続的に「ご自身との交わり」へと招かれる。私たちは自由意志によって『とどまる』 or 『他の場所へ』。   ・「神のみこころを求める」という言い方をするが、大抵は「自分が何かをすること」という誤った前提に立ってい    る。基本的に『神のみこころ』は、私たちが「ご自身の許にとどまっていること」。神は「ご自身との交わりの中」    にとどまっている者にのみ、『ご自身のタイミング』で『ご自身の願い』を知らせてくださる。 ◆「神との交わり」の成長 主イエスは、私たちが「いのちを更に豊かに持つため」に来られた。[ヨハネ10:10]   ・『(永遠の)いのち』とは、すなわち「神との生きた関係」。この『関係』の成長のためには『時間の共有』が不可欠。   ①みことば(霊的食物)のために費やす。― 特に『福音書』と『詩篇』は栄養豊富!   ②祈り(「願い事」ではなく、「共にいること」を楽しむ)   ③神の家族との分かち合い(「最愛の方」との関係について) ― 教会行事で集まる時以外にも、個人的に。 ✰今日のキーワード: 「神との交わりの継続」 ◎学びを深めるための質問  ①何故神様は「私たちの自由意志」を踏み越えて私たちに働きかけようとはなさらないのでしょう?  ②あなたは今まで「神のみこころ」を本気で求めたことがありますか?それはどんな時で、結果どうなりましたか?  ③「神との関係の成長」のために心がけていたことは何ですか?また今後更にどんなことを心がけたいですか? Outline of the sermon       “The safest place in the world.”    (09/02/2020) *“The safest place in the world” = “In Read more…

2020年1月26日 「霊的成長の3要素」

メッセージをダウンロードして聴く メッセージをダウンロードせずに聴く カナさんの証をダウンロードして聴く カナさんの証をダウンロードせずに聴く 説教あらすじ        「霊的成長の3要素」     (26/01/2020) ◆霊的成長(神との関係において成長するため)の3要素 = 『献身』・『みことば』・『聖霊』   ①献身(『信仰』や『悔い改め』とも近い。分かり易く言えば「自分ではなく、キリストを人生の主とする」ということ。)    ・これがないと、私たちは「自分に都合の良い神様」を造り出す傾向があり、神との正しい関係は築けない。    ・『献身』が起こるタイミングは人によって異なる。「自分の熱心やヤル気」によってではなく、『神の恵み』主導。   ②みことば ― 第1の目的は「神(の心)を知ること」。律法学者のようになるな!    ・神のことばは基本的に「私たちに対するみこころ(命令:自分で成し遂げるもの)」ではなく、「神のみこころ     (約束:神ご自身が成し遂げようとしておられること)」だということを忘れるな!   ③聖霊 ― イエスを個人的な救い主として受け入れた瞬間から1人1人のうちに住まわれる。    ・『聖霊』に対する理解は人によって様々。ある人にとっては「神の力あるわざを行うための原動力」。別の人に     とっては「日々キリストのごとく変えてくれる内なる力」。しかしどちらも「現れ」の1つであって、本質ではない。    どうやって「自分の心の声」と「聖霊の語りかけ」を判別できる? (「平安があるかどうか」は当てにならない!)     ・「こちらのタイミング」では来ない。 ・思いを超えた(信仰を要求する)語りかけ。  ・聖書との調和。 ✰今日のキーワード: 「献身」・「みことば」・「聖霊」 ◎学びを深めるための質問  ①あなたの「神に対する献身度」はどの程度ですか?その『献身』の原動力は何ですか?何故そう思いますか?  ②毎日聖書を読んでいますか?読めていないとすれば、原因は何だと思いますか?どう改善できるでしょう?  ③聖霊を「人格的に」体験していますか?彼の語りかけを聞いていますか?それはいつどのように起こりますか? Outline of the sermon       “3 elements to grow in spirit.”    (26/01/2020) ①Commitment.(We may create “own favorite god” without this Read more…

2020年1月19日 「真に豊かな生き方」

メッセージをダウンロードして聴く メッセージをダウンロードせずに聴く 説教あらすじ        「真に豊かな生き方」     (19/01/2020) ◆「霊からのもの」と「肉からのもの」の見分け方   ①「一時的か?」または「永続的か?」  ②「~だから?」それとも「~にもかかわらず?」    御霊の実 [ガラテヤ5:22-23] ― イエスの生涯に満ちていた。(今回は、愛・喜び・平安に焦点を絞って)     ・『愛』:敵をも愛する愛。[マタイ5:43-45]     ・『喜び』:聖霊にあふれる喜び。[ルカ10:21]     ・『平安』:この世が与えるのと違う平安。[ヨハネ14:27] ◆どのように体験できるのか?  「古い自分」 ⇒ 「新しい(真の)自分」   ・外側(肉)からの刺激を重視する『古い自分』が死んで、内側(霊)からの刺激を重視する『新しい自分』が生かさ    れて行くことによって。[ルカ9:23-25,ヨハネ3:5-7]   ・「ガンバリ」とか「自己犠牲」ではなく、『観点』を変えることによって。[ヨハネ6:63]    *聖霊の招きに聞き従う = 『信仰』。(みことばと御霊によって「霊的な養い」を受けよう!) ✰今日のキーワード: 「御霊に属するもの(に注目する)」 ◎学びを深めるための質問  ①あなたの日常に強い影響を与えているものが「どこからのものか」、今日学んだことから判別してみましょう。  ②「永続的な愛・喜び・平安」を体験したことがありますか?それはどんな時で、どのようにやってきましたか?  ③あなたの信仰生活は「自分のガンバリ」に拠っていますか?だとすれば、変えるべき点はどんなことでしょう? Outline of the sermon           “True abundant life.”        (19/01/2020) ◆How can we distinguish things “from flesh” or “from spirit”?   ①“Temporary?” or “Eternal?”  ②“~ Read more…

2020年1月12日 「霊的世界の法則」

メッセージをダウンロードして聴く メッセージをダウンロードせずに聴く 説教あらすじ        「霊的世界の法則」     (12/01/2020) ◆人間は霊的存在 ― 3重構造(内側から、霊・たましい[心]・肉体)。   ・罪の故に『霊』の部分は生まれつき死んでいるが、主イエスを信じると、聖霊の働きによってこの『霊』の部分が    よみがえらされ(新しく生まれ)「神との交わり」が始まる。(但し、悪魔も絶えず攻撃をしかけてくる)   神のアプローチ:聖霊によって直接『霊』に働きかけ、ご自身の「霊的真理」を基準に見える世界を判別させる。     (内→外) ・私たちは「見えるもの」によってではなく、神に対する信頼・信仰によって応答する。[Ⅱコリント5:7]   悪魔のアプローチ:まず『肉体(五感)』に働きかけ、そこから「たましい(知・情・意)」そして『霊』へと影響を与える。     (外→内) ・「見えるもの」から『霊的世界』を判別させようとする。(『神』について誤解させることがねらい) ◆神との信頼関係 ― 神の願いは、私たちとの間に「揺るぎない信頼関係」を築くこと。 だから、決して『出来事』や『状況』から神について判断してはならない!   ・「神は良い父である」という大前提に堅く立って、出来事や状況を判断する。 「神は良い父であることの見える形の証」 = イエス・キリスト[ヘブル12:2]   *神を正しく理解する上での最良のモデルは、『イエス・キリスト』の内にある。(「福音書」を毎日読もう!) ✰今日のキーワード: 「(私たちは)霊的存在」 ◎学びを深めるための質問  ①イエスを信じてから「物の見方が変わった」と思えることを挙げてみましょう。どんな変化に気付かされますか?  ②どんな時に「神が良い方であること」を疑ってしまいますか?そこから悪魔の攻撃パターンを探ってみましょう。  ③あなたが『神との信頼関係』を更に強めて行くために、神はどのような助け(材料)を与えてくださっていますか? Outline of the sermon           “Principle of spiritual world.”        (12/01/2020) ◆We are “spiritual being”. ― Structure of human being.(Spirit, Read more…