2023年1月29日 「へブル人への手紙」

礼拝全体の様子をYouTubeで観る 説教あらすじ     「へブル人への手紙」     (29/01/2023) ◆「へブル人への手紙」の特徴   ・今年は『へブル人への手紙』を学んで行く。この書は紀元1世紀に世界(特にヨーロッパ)に離散していた「主イエスや使徒たちと直接会ったことのないユダヤ人クリスチャン」を対象に書かれている。しばしば『神殿・聖所』に関する言及があるのは、これらの人たちが直接は『エルサレム神殿』を見たことがないことを示している。   ・『へブル人への手紙』の1つの大きな主題は、『永遠の大祭司であるキリスト』である。彼の「神と人との唯一の仲介者」としての役割をを詳しく描写するために、旧約聖書が多く引用されている。 ◆なぜ「へブル人への手紙」を学ぶのか?   ①旧約聖書の背景がない私たち『異邦人クリスチャン』にとって、この書を学ぶことは「神の救いのご計画」を更に深く理解するためにとても有益だから。   ②新約聖書(特にパウロ書簡)は、どちらかというと「救われた者に相応しい行いの規範」的な傾向が強い。しかし『へブル人への手紙』はむしろ、「そのような行いに至るための動機」を私たちの内側に生み出してくれる。   ③旧約聖書の時代においてユダヤ人たちが「地上の全ての民族を祝福するために選ばれた者」であったように現代において私たちも「全世界の人々を祝福するために神がお選びになった存在」だということを確認できる。 ✰今週のチャレンジ: 神の祝福を運ぶ『選ばれた存在』という自覚を持っていますか? ◎更に深い学びのために  ①『へブル人への手紙』を通読したことがありますか? この書に対するあなたの印象はどのようなものですか?  ②『へブル人への手紙』の主題は何ですか? また、この書には何故旧約聖書が多く引用されているのでしょう?  ③『へブル人への手紙』を学ぶことにどんな益がありますか? また、あなたはどんな期待感を持っていますか? Outline of the sermon      “The book of Hebrews.”    (29/01/2023) ◆Some characteristics of “Book of Hebrews”.   ・This year we are going to read together “Book of Hebrews”.  It is written for “Jewish Christians Read more…

2023年1月15日 「神は良いお方」

礼拝全体の様子をYouTubeで観る 説教あらすじ     「神は良いお方」     (15/01/2023) ◆神は、どんなふうに『良い』のか?   ・神は『良い方』である。神は初めこの世界(私たちを含め)を「良いもの」として造られた。[創世記1:31] それを私たちが台無しにしたにも関わらず、私たちを罪と滅びの渕から救い出すために、ひとり子をこの世に送り、十字架の代価によって贖い、私たちを再び『ご自身のかたち』に生きるように回復してくださった。これが「神の良さ」!   ・私たちは、この「神の良さ」を表現するように召されている[エペソ2:10]が、自分の力ではできない。[ローマ7:18-20] 『良い行い』というのは単なる「善行」のことではなく、1人1人の生き様を通して現される「神の良さ」のことである。そのために「キリスト・イエスにあって」造られた。すなわちキリストが日々聖霊によって「御父の臨在の中」で過ごしていた、その模範に倣う。何故なら御父だけが『良い方』だから。[ルカ18:19] ◆『神の良さ』を日々味わう   ・主イエスと私たちとでは『神の良さ』の理解度が大きく違う。まず「神が良い方であること」をじっくり味わうことから始めよう。[詩篇34:8] それにはまずスローダウン。イエスは決して「行動に急ぐ」ことはなかった。次に「みことばを心に満たす」。これが御父に近づく秘訣である。イエスは「わたしが道・真理・いのち。わたしを通してでなければ父の許へは行けない」とおっしゃったが、『みことば』もこれと同じである。[詩篇119:105,ヨハネ17:17,6:63] ✰今週のチャレンジ: 神が『良い方』であることを、どれだけ知っていますか? ◎更に深い学びのために  ①あなたが個人的に「神は良い方である」と言う時、それは神のどんな『良さ』について言っているのでしょう?  ②[エペソ2:10]をじっくり読みましょう。ここで言う『良い行い』とは何ですか? どのようにそれは成就しますか?  ③あなたが更に『神の良さ』を味わうために、どんなことができますか? それをぜひ今日から始めましょう! Outline of the sermon      “The good Father.”    (15/01/2023) ◆How much “good” is our God?   ・God created everything “good”(Genesis1:31) because He is “good”.  Adam spoiled it but God redeemed us by    sacrificing Read more…

2023年1月1日 「聖書・キリスト・そして聖霊」

礼拝全体の様子をYouTubeで観る 説教あらすじ   「聖書・キリスト・そして聖霊」   (01/01/2023) ◆聖書にはどんなことが書いてあるのか?   ・聖書には、まず「神について」書かれている。「創造主・全知全能・祝福といのちの源・悪と妥協しないお方」として、そして何よりも「人を創造し、常に人と関わろうとする存在」であると述べている。次には「人とは何者なのか」が書かれており、「神を離れては真の存在意義を見出せない存在」として描かれている。また新約聖書に関して言うならば、「神と人との仲介者として世に来られた『神の子キリスト』」を中心として書かれている。 ◆キリスト=神のことば   ・イエス・キリストは、何故この世に来られたのか?それは聖書が示しているのと同様、「神とは誰か」「人とは何者なのか」をもっと分かりやすい形で私たちに示すためだった。まさに「神のことばが人となられた」のである。   ・「キリストにあって歩む」とはすなわち「神のことばである聖書」に沿って歩むということ。しかし私たちが『ことば』というものに注目して生きようとする時、どうしても律法的になりやすい。この「律法的になること」から私たちを守ってくれるのが、「聖霊の働き」である。[Ⅱコリント3:6,ローマ8:3-4]   ・この新しい年、「キリストにあって歩む」ために、①キリストが成し遂げられた歩みに憧れ、②「御父が望むことを行いたい」という願いをもって聖霊の導きを待ち望み、③聖霊の導きを確信したら、迷わずに実行して行こう! ✰今週のチャレンジ: 聖霊に導かれたら、迷わず従おうとしていますか? ◎更に深い学びのために  ①「聖書にはどんなことが書いてあるのか?」と尋ねられたら、あなたはどう答えますか?  ②イエス・キリストが、「神のことばが人となられた存在である」と言えるのは、どのような視点からでしょう?  ③律法的になることなく、神のみことばを実践していくために、どうすればいいですか? Outline of the sermon      “Bible, Christ and the Spirit.”    (01/01/2023) ◆What does the Bible talk about?   ・First of all the Bible talks about “who ‘God’ is”.  And it talks about “who ‘human being’ is”.  Then it Read more…

2022年12月18日 「キリストにある者」

礼拝全体の様子をYouTubeで観る 説教あらすじ     「キリストにある者」     (18/12/2022) ◆「キリストにある」とは?   ・聖書は「キリストにある」の意味を説明してはいないが、『キリストにある者』の祝福ついて多く語っているので、その代表的なものを見ながら「キリストにある」ということの意味を探って行こう。  ①罪の赦し[ローマ8:1] ― 神の目から見て私たちは、「キリストにあって『罪なき者』」とされた。[Ⅱコリント5:21]  ②新しく造られた者[Ⅱコリント5:17] ― 神はキリストの故に私たちを御手の中でキリストのごとく造り変える。  ③神の子ども[ガラテヤ3:26] ― 私たちはキリストにあって『神の子』であり、神の目に特別な存在。[ピリピ4:19]  ④互いに1つとされる[ガラテヤ3:28] ― キリストにあって「同じ神の国のいのち」に生かされている。[ローマ12:5]   ・これらから『キリストにある』とは、「神は私たちを『キリストを通して』見つめておられる」ということだと分かる。私たちは「キリスト無しでは『死んだ者』であり、キリストにあってのみ『生きた者』」。[ローマ6:11,コロサイ3:3-4] ◆日々『キリストにある者』とされる   ・私たちは既に「キリストにある者」とされているが、それを日々自覚する必要がある。[コロサイ2:6-7] 「キリストにある者」の生き方は、主イエスが『ぶどうの木のたとえ』を用いて教えてくださった。[ヨハネ15:4-5] キリストこそ「神の国の民」としての私たちの『いのち』。キリストにつながって歩むなら、必ず『キリストの実』が結ばれていく。 ✰今日のみことば: コロサイ人への手紙 2章6節 ◎更に深い学びのために  ①『キリストにある』とはどういうことですか? また『キリストにある者』にはどんな祝福が与えられているでしょう?  ②『キリストにある者』でありながら、①のような祝福を味わっていないとしたら、どんな原因が考えられますか?  ③あなたにとって2022年は「キリストにあって」どんな年でしたか? また2023年をどんな年にしたいですか? Outline of the sermon    “Being ‘in Christ’.”  (18/12/2022) ◆What is “being ‘in Christ’” like?   ・Bible talks about “blessings to be Read more…

2022年11月20日 「真理 vs クリスチャンの思い込み ― W.W.J.D.」

礼拝全体の様子をYouTubeで観る 説教あらすじ 「真理vsクリスチャンの思い込み ー W.W.J.D」 (20/11/2022) ◆よぉく考えた方がいい?   ・W.W.J.D.は“What Would Jesus Do?”の略。「日々の生活の中で『こんな時イエスならどうするだろう?』を考えながら行動しよう」というもの。しかし人間が考えて分かるようなものならば、それはもはや『神の思い』ではない!![イザヤ55:8-9,Ⅰコリント2:11-14] では「御霊に導かれる」とは?◆御霊に導かれた「W.W.J.D.」  ・悪魔が最も恐れているのは「御霊に導かれたクリスチャン」。悪魔は人よりも優れているが「聖霊の働き」にはかなわない。[Ⅰヨハネ4:4b] だから全力をかけて私たちの意識を『この世』にとどめておこうとする。   ・私たちが主イエスを受け入れた時から、イエスの御霊が私たちの内に住んでおられる。[Ⅰコリント2:11-14]ところが私たちが自分のことで夢中になったり、一生懸命考えたりしている時は、この方の存在を忘れてしまっている。これが悪魔の狙い。私たちは「この世のペース」から抜け出して、じっと「主に思いを馳せる余裕」をもつ必要がある。[詩篇37:7a] 自分の力ではできないが、主は恵みによって私たちを造り変えてくださる。   ・まず自分の内に『神の御霊』がおられることを認め、喜ぼう。そして「考えること」によってではなく、私たちの『リアクション』を通して神のわざが現れるほどの主イエスとの一体感を求めて祈り歩もう! ✰今日のみことば: 箴言 3章5~6節◎更に深い学びのために  ①『W.W.J.D.』とはどういう意味ですか? このことばにはどんな問題点があると考えられますか?  ②悪魔が恐れているのは、どんなクリスチャンですか? また、それは何故でしょう?  ③「御霊に導かれたクリスチャン」として生きるために、あなたはまずどんなことから始められますか? Outline of the sermon    “Truth vs fixed idea ― W.W.J.D.”  (20/11/2022) ◆We should “think well”, should we?   ・W.W.J.D. stand for “What Would Jesus Do?”.  But how could we Read more…

2022年11月13日 「真理 vs クリスチャンの思い込み― 『信仰』とは?」

礼拝全体の様子をYouTubeで観る 説教あらすじ 「真理vsクリスチャンの思い込み ー 『信仰』とは?」 (13/11/2022) ◆『信仰』とは?   ・『信仰』とは、力んで自分で生み出すものではなく、「神を知ることを通して私たちの内側から自然に生まれて来る『神への応答』」。そのため「神をどれだけ知っているか」によっておのずと差が出て来る。   ・クリスチャンになると、つい「クリスチャンとしてどう生きたら良いか」ばかりを学ぼうとしてしまいがちだが、それよりも「神はどういう方なのか?」ということをもっと学ぶべき。神は全世界・全宇宙の中で最も魅力的な存在。 ◆どのように「神を知る」?   ・神は、私たちがご自身を知ることができるように、いくつかのツールを与えてくれている。    ①ご自身が創造された様々な『被造物』を通して。 ②神のことばの集大成である『聖書』を通して。   ③私たちの切実で具体的な『祈り』に答えることによって。 ④『聖霊』による個人的なアプローチによって。 ⑤既にご自分のことをよく知っている『神の民』を通して。 ⑥『御子イエス・キリスト』を通して。   ・「周囲の状況から」という人もいるが、これはかなり危険。世の出来事の中には「悪魔によるもの」や「人為的なもの」が満ちている。『周囲の状況』だけで神様を判別しようとすることは大きな過ちのきっかけになり得る。   ・[ホセア書6:3] より深く神を知り、内に生まれて来る『信仰』を、幼子のように素直に、世にアピールして行こう! ✰今日のみことば: ヨハネの福音書 17章3節 ◎更に深い学びのために  ①『信仰』とはどのようなものですか? 「信仰の成長」のために不可欠なものは何でしょう?  ②私たちはどのようにして「神を知る」ことができますか? 「身の回りの出来事」は、その中に含まれますか?  ③あなたはどのようにして「信仰の成長を願っている人々」を助けることができますか? Outline of the sermon    “Truth vs fixed idea ― What is ‘Faith’?”  (13/11/2022) ◆What is “Faith”?   ・“Faith” is not ‘artificial activity’ but ‘our natural response caused by knowing Read more…