メッセージ

2012年5月13日 「聖三角関係に生きる」

メッセージをダウンロードして聴く  説教あらすじ         「聖三角関係に生きる」     (13/05/2012) [ヨハネ10:14-21]  ①「御父」と「イエス」と「私たち」の    御父        ②「イエス」と「私たち」と「隣人」の  イエス 三角関係                               三角関係                                                   イエス  私たち                                                                    私たち  隣人         ①イエスは、御父との愛の関係の故に私たちを愛し、御父との信頼関係の故に私たちのためにいのちをも捨てた。   ・御父はイエスの従順を信じて疑わず、イエスは御父が自分を復活させることを信じて疑わなかった。   [17-18節] ➝ イエスは、この「ご自分と御父との関係」を、私たちとの関係においても期待しておられる。すなわち… ②私たちが、イエスとの愛の関係の故に隣人を愛し、イエスとの信頼関係の故に隣人のためにいのちをも捨てる。 ・イエスの与えた戒め[ヨハネ15:12]は、私たちが「イエスとの愛の関係」の中で養われながら全うすべきもの。  ・私たちは、イエスへの信頼の故に「復活の希望」があり、「イエスの権威」をこの地上で用いる特権がある。 ◆イエスがこの地上を歩まれた時、彼の心を占めていたことは、次の2つ。 1 この地上で、御父に対する愛を、いかに表現するか?       これが「御父への従順」という形で 2 自分と御父との関係を、人々にどう分かってもらおうか?       現れた。[ヨハネ4:34, 10:37-38]  ・『神への従順』とは、堅苦しいものではなく、「神を喜ばせたい」という愛情の表れ。私たちの持つべき心の態度も同様。 1 この地上で、イエスに対する愛を、いかに表現するか?          唯一の道は「主イエスへの従順」 2 自分とイエスとの関係を、どうやって人々に分かってもらうか?        (みことばを学び、実行する)    ・これがイエスを喜ばせ、また人々の興味をイエスへと向ける。[ヨハネ14:21] ★あなたは「イエスとの関係」を深めたいですか? 人々があなたを通してイエスと出会うのを見たいですか?     Outline of the sermon Read more…

By Junko, ago
メッセージ

2012年5月6日 牧者の声を聞き分ける

メッセージをダウンロードして聴く  説教あらすじ         「牧者の声を聞き分ける」     (06/05/2012) [ヨハネ10:1-13]  *聖書において注目すべきなのは『教え』よりむしろ『イエス・キリスト』である。この箇所には「わたしはOOです」という表現が2回出てくる。 ◆[1~2節]    ・このたとえ話の主な登場キャラクター: 牧者(イエス),盗人(サタン),羊(私たち)    ・羊は「目が悪くて迷いやすい」「頑固だが、身を守る武器を持っていない」など、私たちとの共通点がある。    ・羊(私たち)にアプローチしてくるのは、牧者だけでなく、盗人も。では私たちはどう対処すれば良いのだろう? ◆[3~5節] ◎重要ポイント = 「声を聞き分ける」ということ。    ・「どんなことばか?」ではなく、「誰のことばか?」  〈『悪魔の福音』のたとえ話〉 ◆[10~11節]    ・盗人の目的は、牧者から羊(私たち)を奪うこと。そのためには手段を選ばない。(地上での人生を富ませさえする)    ・牧者の目的は、羊(私たち)に最も良いものを与えること。そのためにはいのちをも捨てる。      (これが『愛』。真の愛は、相手の最善のために犠牲を払う)    ・ここで語られる「いのち」とは、生物学的ないのちではなく、イエスを通して与えられる「神のいのち」。 ◆この『良い牧者(イエス)』の声を聞き分けるためのヒント = 決して難しくはない!    ①羊として生きる。(「自分は足りない者である」と自覚して生きる)[マタイ23:12]    ②「イエスこそ良い牧者である」と信じる。[11節]    ③牧者の声は後から来る。[8節] ★大切なのは「どんなことばか?」ではなく「誰のことばか?」 聖書のことばで心を整え、しっかりと聞き分けよう!   Outline of the sermon  “To distinguish Read more…

By Junko, ago
メッセージ

2012年4月29日 神からの語りかけを聞き取るために

メッセージをダウンロードして聴く  説教あらすじ         「神からの語りかけを聞き取るために」     (29/04/2012) [ヨハネ9:35-41]  *私たちは「目に見えるもの」に頼りすぎてしまうと、大切なものを受け取り損ねてしまうことがある。   この盲人でさえ、見えるようになったことで、イエスを見誤りそうになっている。[35-35節] ◆イエスは言われた。[39節]    ・目の見えない人は『自分に見えてない世界』があることを知っている。「自分には足りない部分がある」と 知っていることは幸い。[マタイ5:3] 彼らは、外部からのアプローチを受け取る準備ができている。 ◆神は私たちにどのようにアプローチされるのか? 「神の声を聞く」とは、具体的にどういうことか?    ・同じ場所にいても、神が語られるのを「聞き取る人」と「聞き取らない人」がいる。[使徒22:6-9]    ・『肉の耳』ではなく、『霊的な耳』で聞き取る。 携帯電話同様、スイッチが入っていないと受信できない。 ◆「神からの語りかけ」を受け取るための、3つのステップ    ①「自分には『更に偉大な人生』が用意されている」と信じる。    ②「その『更に偉大な人生』は、創造主である神から来る」と信じる。[Ⅰコリント2:9]    ③「神のことば」で心を整える。(「少年サムエル」「パウロの回心」「アブラハム」の例) 1 神は『従う者』にことばをかけられる。  2 神は「見つけ出してくださる方」。[35節] ★心を整え、神の御声を聞き分け、それに従う者になりましょう。     Outline of the sermon     “How can we catch God’s whisper?” Read more…

By Junko, ago
メッセージ

2012年4月22日 正しい判断基準

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「正しい判断基準」        (22/04/2012) [ヨハネ9:24-34]  *この論争の原因は何か? 何が両者(ユダヤ人たちと、癒された盲人)を隔てているのか? ◆ユダヤ人たちは、この盲人が見えるようになったのが「神のわざ」であることは認めているが、「神がイエスをお用 いになった」ことを認めようとしない。[24節] 何故?➝ 彼ら自身の信念(染みついた考え方)と食い違っているから。 ◆一方、この見えるようになった盲人は、イエスに関して何の予備知識(偏見)もなかったので、『ただ1つのこと』を 拠り所としていた。それは、彼自身が体験した事実。[25節] これこそ「幼子のような信仰」 「あなたなら、どちらの態度を選びますか?」 ◆「ミッシング・リンク」(人と類人猿との中間型)について。= 「進化論者たちの持つ『先入観』の恐ろしさ」     *聖書ははっきりと「神が『種類に従って』創造された」と教えている。 ◆誰でも『信念(先入観)』を持っている。それらが必ずしも悪いものとは限らない。しかしそれらが「神との新たな出会 いを体験するチャンス」を邪魔する原因ともなり得るので気を付けよう。  (しぶけんの証し [ピリピ2:6-7])   *私たちは、判断基準を『自分(変わりやすいもの)』の中に捜さないで、『真実(不動のもの)』の中に求めるべき。 ◆私たちが拠り所とする『真理』とは? = 神のことばである『聖書』 [Ⅰペテロ1:24-25] [ヤコブ1:21]  ★心の中の『雑草』(神に近づくのを妨げる自分勝手な理屈や信念)を取り除いて、「幼子のように」神の ことばを素直に受け入れ、それに従って生きよう。それがあなたを、神との新たな出会いへと導いてくれる。       Outline of the sermon     “The right Read more…

By Junko, ago
メッセージ

2012年4月15日 神の国の喜びを奪われないで!

説教あらすじ     「神の国の喜びを奪われないで!」    (15/04/2012) [ヨハネ9:13-23]  *この「見えるようになった盲人」の喜びを、周囲の人々はなぜ共有できなかったのか? 「神の国の喜びを奪うもの」を探ってみよう。 ①誤った先入観 [14-16節]   ・パリサイ人たちは「安息日には一切働いてはいけない(たとえ人助けでも)」と信じていた。それ故、この癒しのわ ざをも「あるべきでない出来事」と否定し「イエスの与える喜び」を共有するチャンスを失ってしまった。   ・私たちも「神のみわざは、このようでなければならない」という勝手な先入観を持っていると、その祝福を受け 損ねてしまう。持つべきものは『先入観』ではなく「ささいなことの中に神の御手を見つける姿勢」である。 ②センセーショナルな「神のわざ」へのこだわり [16節]   ・「神の奇跡的なみわざ」はもちろん素晴らしい。しかし更に素晴らしいことは「神はちっぽけな私たち1人1人 に目を留めておられる」という事実である。神にとってはいつでも『イベント』よりも『人』が重要なのだ。   ・『わざ』にばかり捕らわれていると、試練がやってきた時にその信仰はすぐにしぼんでしまう。神が私たちに 望んでおられるのは「信じられる要素が見つけられない時でも信じる」という姿勢なのである。[ローマ5:3-5] ③人の目に対する恐れ [22節]   ・人がキリストとの決定的な出会いを体験すると、必然的に変えられる。他の人と違った人生を歩むことを恐 れて、喜びを奪われないように気を付けよう![箴言29:25] ◆「幼子のように」 [マルコ10:13-15]    ・上記のようなワナにはまらない秘訣は『幼子のような信仰』。「神の国」とは、何も「死んだ後に行く場所」ではなく、「地上にあっても神の支配の中に生きること」。この中で生きる時「神の国の喜び」は奪われることはない。[ローマ14:17]     Outline of the sermon     “Do not be stolen the joy of Read more…

By Junko, ago