聖書

(154) “あなたの手に善を行う力があるとき、求める者に、それを拒むな。”

私たちは「なすべきことが分かっているのに、しようとしないこと」は、神の前に正しくないと容易に理解できますが、「なすべきことが分かっていて、いつかしようとはしているけど、もたもたしていること」も神の前に正しくない態度であるとはなかなか気付きません。私たちは恐らくこう言うでしょう。「いや、やろうとは思っているんですよ。ただもうちょっと暇になったら、もうちょっとお金が溜まったら、もうちょっと子供が大きくなったら…」 神の祝福は、ただボ~っと待っているだけの人に注がれるのではなく、既に与えられているものを精一杯用いて人々の必要のために仕えている人に注がれるものです。例えば、今の時点で既に持っているものを用いて人々に施しをしているわけでもないのに「神様、困っている人々を助けてあげたいので、どうぞもっとお金を与えてください」と祈るのは、神の祝福を受けるために正しい順序ではありません。「でもお金が無けりゃ、何も与えてあげられないじゃないですか!」とおっしゃる人もいるでしょう。しかし実際はお金が問題なのではありません。そのような人は今までにそれらの困っている人々に『励ましの言葉』や『あなたの時間』、また「今まで試したことのないような自己犠牲」を与えたことがありますか? 神が私たちに望んでおられる愛し方は、私たちの都合やタイミングに合わせたものではなく、神の憐れみの心に合わせたタイミングや方法なのです。自分の都合や理屈を言い訳にモタモタしてしまう人が得ることのできるものは「せっかくのチャンスを取り逃がしてしまう」という苦い経験なのです。

メッセージ

2015年2月22日 「イエスを見つめて生きる」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ      「イエスを見つめて生きる」   (22/02/2015) [Ⅰペテロ1:8-9] ここで言われているのは… 1. 私たちは肉眼でイエス・キリストを見ることができるわけではない。 2. にも関らず私たちはイエスを信じ、愛し、喜びに満たされることができる。➝ ではそのカギは何か? ◆日々「イエスを見つめて生きる」ための 3段階 ①「十字架を通して現された神の愛」に魅了される ・レビ記の『いけにえの規定』から学べること ➝ 「罪責感からの解放」と「神との関係の回復の喜び」 そして「2度と罪を繰り返すまい」という固い決意 = これが神が十字架を通して行われたこと [ローマ 5:8] ②生きる目標を天に置く [Ⅰペテロ1:5-9] ・この手紙を読んだ『迫害の真ん中にいる聖徒たち』にとって、「キリストに従うこと」は地上においてほとんど 益をもたらさなかった。おのずと彼らの思いは『真の故郷である天』に馳せられていった。[Ⅰヨハネ2:15-16] ③他の人の利益を求める [Ⅰコリント10:31] ・『何をするにも神の栄光のために』とは? ➝ 常に「周囲の人々の益」を考えながら行動すること [10:23-33] ・これこそが主イエスの歩まれた道。[ピリピ2:3-9] この「イエスの模範に従って歩む者を、神は祝福せずには おられない」ということを信じるのが、聖書の言っている真の『信仰』。[Ⅰペテロ1:8-9] ◆『神を愛する』とは?[Ⅰヨハネ4:20] ✯まず「イエスを通して現された神の愛」に魅了されよう!そしてこの方を喜ばせるため、まとわりつく邪魔物を振り払っていこう。その時、私たちは自分よりも他の人を優先することを学び、そこにおられる主イエスを見る! Read more…

聖書

(153) “貧しさも富も私に与えず、ただ、私に定められた分の食物で私を養ってください。私が食べ飽きて、あなたを否み、「主とはだれだ」と言わないために。”

3年ぶりに日本へ一時帰国しました。初めのうちはなかなか頭も体も日本の生活に慣れませんでした(季節も逆転しますから…)が、そのうちに生活のリズムを徐々に取り戻しました。故郷での生活を楽しみ始めた頃、1つのことに気付きました。それは「神様が見えにくい」ということです。 日本はニュージーランドと比べて、欲しい物(思い付く以上の物)が何でも手に入ります。言葉にも不自由しないし、とにかくいろいろと便利でスムーズです。そんな何不自由無い生活(?)を続けていると、知らず知らずのうちに「目で見えるもの」のペースにすっかりはまり込んでしまって、「あれも欲しい、これも欲しい」「あれはどうなった?これはどうしよう?」と『目に見えること』に始終気を取られて、それらのすべてを与えてくださっている『神様』のことをすっかり忘れてしまいそうになるのです。 日本にキリスト教が伝わったのはもう500年も前のことです。それなのに全人口に対するクリスチャンの割合は未だに1%にも満ちません。実を言うと第2次世界大戦後、クリスチャンの数は急成長したのです。ところがその後の高度経済成長の波が押し寄せたとき、その数は減少の一途を辿り、今に至っています。聖書によると、この地上は現在悪魔が支配しており、あらゆる物質的な豊かさをもって私たちの目を神様からそらしているということです。 今回の帰国中に初めて「東北大震災の被災地」を訪問してきました。同時期に震災に見舞われたクライストチャーチに比べて、東北の被災地はずっと「震災後の後片付け」が進んでいましたが、人々の心の中にはまだまだ震災の爪跡が大きく残っているのを感じさせられました。ところがそんな中、嬉しいこともありました。大きな自然災害を通して「神様を恨む人々」が増えているかと思いきや、実際はその逆に「新たに神様を見い出す人々」が続々と増し加えられていることを目の当たりにしたのです。震災からの復興に苦闘する中で、彼らは「目に見えるものに頼って生きること」がいかに虚しいかを学んだのだそうです。ついつい『物質的な豊かさや便利さ』に安住してしまいがちな私たちに対する大きな警告ではないでしょうか?

メッセージ

2015年2月15日 「神のみわざが現されるために」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ      「神のみわざが現されるために」   (15/02/2015) [ヘブル1:1-2a] ◆神はキリストを通して働かれる ・主イエスが地上におられた時代は、神は彼を通して働かれたが、それは現代も同じ。神は今も「私たちの内に おられるキリスト」(教会)を通して働かれる。[エペソ1:22-23] ◆この時代に、世が神のみわざを見るための2つのカギ ①私たちが日々キリストの愛の内に深くとどまる [ヨハネ15:9] ベタニヤのマリヤに見られるモデル [ルカ10:38-42, ヨハネ12:1-8] ・何よりもキリストに注目  ・みことばで自分を満たす  ・贖いのみわざに深く感動する ・人からどう思われようと、自分の最高のものを、イエスのためだけに使う。 ※イエスとの愛の関係を測るバロメーター = みことばを実行することが『喜び』になっているかどうか ②キリストがこの地上に来られたように、私たちも世に出て行く [ヨハネ20:21] ・自分が死んで、相手が生きるため(通常と逆) ・いつでも、どこでも 「イエスと共に」。(イエスの顔色(?)を伺いつつ…) ◆『ジャパンデー』参加の目的 「イエスを宿す私たち1人1人が『キリストのからだ』として1つの場所で共に 人々に仕えることを通して、神への愛を表現する」 ➝ もう1つの形の『礼拝』 ✯要するに、「ジャパンデーの現場に、イエス様をお連れすること」です!   Outline of the sermon Read more…