聖書

(202) “志の堅固な者を、(神よ)あなたは全き平安のうちに守られます。その人があなたに信頼しているからです。”

海洋学者たちの調査によると、どんなに激しい嵐(例えば、高さ30メートル以上もの津波が起こるような)のときでも、海中に8メートルも潜るならば、そこは何事もないような静けさだそうです。 これは私たちの人生にも同様なことが言えます。すなわち、私たちの人生に大きな嵐が起こることは避けられないけれども、私たちの心の深い部分で『決して揺るがされることのない存在』につなげられているならば、私たちはそれらの『人生の荒波』を乗り越えていくことができるのです。 迫害下にあったクリスチャンたちの遺した次のような詩があります。「激しく打ちたたかれれば打ちたたかれるほど、私たちは釘のようにより深くめり込んでいく。そしてその深みで私たちは『真の神の平安』と出会うことができる」と。 私たちが『平安』を失うのは、自分ではどうしようもない困難に陥った時でしょう。でも神に解決できない問題は1つもありません。私たちが「人生の試練」に直面するのを神が許されるのは、それらの試練を通して私たちが「神のみが与えることのできる『真の平安』」を体験させるためではないでしょうか?

メッセージ

2016年2月21日 「永遠のいのち」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「永遠のいのち」      (21/02/2016) *福音の中身 ― ③永遠のいのち [ローマ6:23] ◆「永遠のいのち」とは? ・「死ぬ瞬間に与えられる」のではなく、既に与えられている。言わば私たちは今『2つのいのち』によって生かされている。 ・[ローマ6:23]で言われている『死』とは、「肉体の死」というよりはむしろ「神との断絶」を表している。 ・[エペソ2:1-2] ― この「不従順の子らの中に働いている霊(サタンとその手下たち)」の支配から、神の支配へと 私たちを取り戻すために、イエスは十字架にかかられた! *それ故、「永遠のいのち」とは… ①神との生きた関係 [ヨハネ17:3] ― それは日々豊かにされていく![ヨハネ10:10] ・唯一後の世に持って行くことができるもの。後の世では完全。しかし今の世でも体験することができる。 ・ただ、この世にあっては多くの妨害(「この世のいのち」の魅力)がある。[ヨハネ12:25] *神を深く知るごとに「この世の魅力」はかすんで行く。「空いている時間をどんなことに費やすか」がカギ。 ②イエス・キリストご自身[Ⅰヨハネ5:11-12,20] ― 心に迎え入れた時以来、私たちの内に住まれる『内なるキリスト』。 ・言い換えるなら「キリストがこの世で生きられたいのち」。「この世を愛する人々」から迫害されたいのち。 「父なる神にのみ希望を置く」いのち。御父のみこころをひたすら求め、それに生きるいのち。[ヨハネ4:32-34] ・あの『史上最高の生涯』を送られたイエスが、今度はあなたを通してこの地上を生きられる。 これほどエキサイティングなことがあるだろうか?! まとめ *「永遠のいのち」とは… ①神との生きた関係  ②イエス・キリストが歩まれたいのち   Outline of Read more…

聖書

(201) “あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。”

以前クライストチャーチでお会いした方から、最近こんなお手紙をいただきました。 「ニュージーランドで1番利率の高い銀行を紹介していただけませんか?日本にある私たちの貯金の大部分をそちらの銀行に移したいと思うので…」 恐らくほとんどの人々は『お金持ち』になりたいと思っていることでしょう。もしかするとある方々は「もしもっとお金が貯まったなら、きっともっと気前よくなれて、いろいろな場面で施したり寄付したりできるようになるに違いない」と思っておられるかもしれませんが、実際は、『お金持ちであること』と『気前のよさ』とはあまり関係はないようです。数年前のイギリスの調査では、収入の少ない方から20%の方々は、その収入のうちの3.2%を寄付していて、収入の多い方から20%の方々は、収入のうちの0.9%しか寄付していないそうです。 金融関係に関する専門家のダニエル・レビン氏は次のように言っています。「『経済的繁栄』とは、どれだけ稼いだかによって測られるものではなく、むしろどれだけ与えたかによって測られるものである。」つまり、本当に気前の良い人というのは、自分がどれだけ持っているかに拘わらず、いつも『与える機会』を捜している人のことを指します。そしてもし私たちがしっかり目を開けて生きているなら、この『与える機会』というものはそこらじゅうにあるものです。 イエス・キリストは「あなたがたがこれらの小さき者たちにしたのは、わたしにしたのだよ。」とおっしゃいました。神にとっての1番の宝物は『お金』ではなく『人(私たち)』です。神は私たちに「2番目以下の宝を、1番の宝のために用いること」を願っておられるのです。

聖書

(200) “わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。”

皆さんは『台風直撃』の経験をしたことがあるでしょうか?私たち家族はバヌアツ共和国にて宣教師として働いていたとき、電気も水道もない小島にある粗末な小屋でそれを経験しました(ですから『停電』や『断水』の被害の恐れはありませんでしたが…)。いやぁ、なかなかの迫力でしたよ。その辺のジェットコースターその他のアトラクションとは格段の差がありますね。 ところで『台風』には面白い構造上の特徴があります。あれほどの破壊力を持つ自然現象であるにも拘らず、その中心部にある『台風の目』と呼ばれる部分は比較的穏やかで、その部分にいるときは一瞬「あれ、もう台風は去ったのかな?」と勘違いしてしまうほどです。ところがその中心から少しでもズレているいわゆる『中心付近』では物凄い暴風と大雨にさらされます。もし私たちが台風の様子を遥か上空から眺めることができたなら、恐らく「荒れ狂う風雨のど真ん中に存在する不思議な静けさ」を見てビックリすることでしょう。 私たちの人生にも「台風の真っ只中」のような時期がありますよね?「泣きっ面に蜂」ではありませんが、ただでさえ苦しい状況にあるのに、更にまた試練が増し加わるようなことがあります。思わずも「神も仏もない!」と叫びたくなるような…。 こんなとき、神様がそれらの試練を直ちに解決してくだされば良いのに、滅多にそういうことはありません。何故なのでしょう?神様は私たちをもてあそんでおられるのでしょうか?そうではありません。神は私たちに「困難なしの人生」を約束してはおられませんが、「どんな困難の中でもわたしは必ずあなたと共にいて、あなたを守る」と約束してくださっています。神は私たちに「何の困難もないお気楽人生」を与えることによってご自身の愛を現されるのではなく、かえって「神様の助けなしには耐えられそうもない試練」の中にあって『不思議な平安(静けさ)』を体験させることを通して、ご自身の私たちに対する深い愛を伝えようとしておられるのです。

メッセージ

2016年2月7日 「罪と罪責感からの解放」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「罪と罪責感からの解放」      (07/02/2016) ◆人生で最も大切なもの = 「神との親密な関係」 ・これを妨げるもの ― 神の側にとって:私たちの『罪』, 私たちの側にとって:『罪責感』(罪の咎め) *イエス・キリストは、これらの両方を解決するために十字架にかかられた![イザヤ53:5] 1 私たちはイエス・キリストによって「神の前」に『罪なき者』とされた。[ローマ8:1] ・『罪』とは、「ルールに違反すること」ではなく、「誤った信仰による態度」。[ローマ14:23] ・私たちが『罪なき者』とされたのは、ただキリストの贖いのみわざによる。[ローマ3:23-24, Ⅱコリント5:21] *一体何の得があって神はそんなことをされたのか? ― 何よりも「私たちとの関係の回復」を望まれたから。 2 神はご自身の子供たちが『罪責感』から解放されて、いつでもどこでも大胆に御前に出ることを望んでおられる ・悪魔の神の民に対する攻撃は「罪を犯させること」よりはむしろ「神との交わりを妨害すること」。主イエスが罪 の贖いを成し遂げてしまった今、悪魔は私たちの内側にくすぶる『罪責感』を突くしかない。 ・これに対し神は「たとえ自分では『汚れている』と感じても、信仰によってわたしの光の中に出なさい!」と招く。 『信仰』とは、「自分がどう感じるか」ではなく、「神が何とおっしゃっているか」を基準に判断すること。[Ⅰヨハネ1:7-9,3:20] *じゃあ、罪を犯し続けてもいいのか? ― 答えは、『YES』。 ・ただ、『神との関係』が深まるにつれて、私たちはやがて罪を憎み、罪から離れて行くようになる。 まとめ ①神は、あなたの過去・現在・未来すべての罪を赦し、忘れてくださった。もはやあなたは、神にとって 『完全な愛の対象』でしかない! ②神は、あなたが「罪の汚れにまみれている」と感じるままで御前に出てくるのを待っておられる。神の目 には、それらの汚れは既に洗われており、あなたも「自分自身から神の御顔へ」と視線を移す時、それら の汚れは純白の衣で覆われる。[黙示録7:13-14]   Outline of the sermon        “Be free Read more…

聖書

(199) “私たちも、いっさいの重荷とまつわりつく罪とを捨てて、私たちの前に置かれている競走を忍耐をもって走り続けようではありませんか。信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。”

何年か前に、カナダのエドモントンで行われた陸上競技大会の4百メートルリレーにジャマイカのチームが出場しました。ちょうどそのリレー競技が始まる頃、そのチームの第3走者の親しい友人が、同じ競技場の別の競技に出場していました。まだ自分の走る順番が回ってこないと油断していたその第3走者は、ついつい友人の活躍ぶりに熱中してしまい、何と第2走者がバトンを持って自分に向かって突進してくるのに気づかず、2人は衝突してしまったそうです。言うまでもなく、ジャマイカチームは大切なレースに惨めな敗北を喫してしまいました。どうしてこんな悲劇(喜劇?)が起こってしまったのでしょう?それはもちろんこの第3走者が『自分のレース』に集中する代わりに「他の人のレース」に注目しすぎてしまったからです。 神様は私たち1人1人に「全力で走るべきレース(人生)」を与えてくださっています。そして見つめるべき場所(人)も。それは「周りにいる目を引く人々」ではなく『イエス・キリスト』です。 『人生』はある意味「リハビリテーション・ルーム」のようなものです。そこに集まる人々のニーズは1人1人違っており、それぞれの現在のレベルも異なっています。お互いを眺めながら一喜一憂していても始まりません。ただしそこに集まっているすべての人に共通する『1つの目標』があります。それは「本来あるべきコンディションに回復する」というものです。そして私たちすべてが目標とすべき『人間として本来あるべき姿』それがイエス・キリストなのです。 オリンピックの「ボート漕ぎレース」をご覧になったことがあるでしょうか?複数の漕ぎ手がペースを合わせてボートを漕ぎながらゴールを目指すのですが、肝心のゴールは自分たちの背後にあるので見えないのです。それでは彼らはどこを見つめて進むのでしょう?それは選手のために号令をかけ、また軌道修正を命じる『キャプテン』です。このキャプテンは自分では少しもボート漕ぎに参加しません。しかし彼はメンバーを力強く励まし、正しい方向へと導き、全員がゴールの栄冠を勝ち取ることができるように最善を尽くします。そして漕ぎ手たちはそれを微塵も疑うことなく、ただキャプテンを見つめながら力を出し切るのです。 私たちもこの『人生最高のキャプテン』であるイエス・キリストを見つめながら、力いっぱいそれぞれの人生を進んで行きましょう!