聖書

(265) “何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださる。”

  「神様に願い事をしたのに叶えてもらえなかったこと」に対して文句を言う人たちはたくさんいますが、「神が願い事を叶えてくれてしまったこと」に文句を言う人はあまりいませんよね?「そんな人いるわけないじゃん!」と思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか? こんなことを言っていた人がいました。「神様がすべての私の祈りを叶えてくれなくて本当に良かった。でなければ、私は何度も間違った人と結婚していたに違いない」と。あなたは「あの時のあの祈りが文字通り答えられてしまっていたら、とんでもないことになっていた」と思い当たることは全くないでしょうか? 私たちはしばしば『自分の本当の必要』を理解していません。この天地万物を造り、私たちをも生み出してくださった神様は「最高に良いお方」ですから、私たちの『最善』だけを願ってくださっています。ですから、私たちが『最善以下』を祈り求めている時は、その祈りに答えないでいることをじっと耐えておられるのです。 そもそも『祈り』とは何でしょう?私たちは『祈り』と『願い事』をほとんど同じ意味で用いますが、実はこの2つは全く別のものです。『祈り』は言わば「神様とのコミュニケーション」であり、私たちが『神様』という方をより深く知るために欠かせない営みです。私たちは『祈り』によって神様に近づき、その大きな愛に触れ、私たちのありのままを受け入れていただくことによって、深い平安を体験することができるのです。その上で私たちは「この方が与えてくださるものこそ、私にとって最高に『良いもの』なのだ」と確信し、『神のみこころ』を求めるようになるのです。 神様は、求める者には喜んでご自身の『みこころ』を「聖書のことば」や「祈り」を通して私たちに教えてくださいます。その『神のみこころ』に従って私たちが「願い求める」なら、神は「待ってました!」とばかりにその『祈り』に答えてくださる、これが聖書の約束なのです。

メッセージ

2017年7月2日 「聖霊は『祈り』を通して導く」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ     「聖霊は『祈り』を通して導く」   (02/07/2017) *「熱心な祈り」が聞かれるわけではない![Ⅰヨハネ5:14] ◆『祈り』とは? ・『祈り』は「願い事」でも「ネゴシエーション」でもなく、「神とのコミュニケーション」。 聖霊はしばしば祈りの中で、私たちに「神の性質」「神の心」を証しする。 ・私たちは多くの場合「見当違いなこと(本当には必要でないもの)」を願う。神は『最善』しかなさらないから、聖霊 によって、私たちがその『最善』を求められるように、私たちの心を修正してくださる。[ローマ8:26-27] ◆祈りの目的 ・神が求めておられるのは「あなたが神のために何ができるか」ということよりも、同じ思いで歩む『愛の関係』。 「私はこの方法で進みます。もし間違っているなら道を閉ざし、正しければ祝福してください」は、誤った態度。 ・聖霊は「祈りの中でインスピレーションを与えて導く」というよりも、「祈りを通して私たちをキリストの心へと引き 寄せ、私たちを造り変える」ことによって、『神のみこころの歩み』へと導く。 ・「祈っている時に浮かんだアイディアだから・・・」は危険。サタンは「聖霊に導かれて断食していたイエス」さえを も誘惑してきた! ◆神からの語りかけを聞き取るために [ヨハネ10:1-5] ・「彼の声を知っている」 = みことばにいつも親しんでいるから。 ・「彼について行く」 = 「私の願いではなく、あなたのみこころの通りに・・・」 このように心から祈れる者こそ、御声を聞く準備が整った者。 ✰ キリストとの愛の関係の中で「聞き分ける耳」と「従順な心」を養いましょう!   Outline of the sermon      “The Spirit guides Read more…