聖書

(266) “主の御告げ ― 見よ。粘土が陶器師の手の中にあるように、あなたがたも、わたしの手の中にある。”

多くの人は「新しい自分になりたい!」と願う一方で、『変化』を嫌います。「悪いところを改善したい」と切望しますが、そのために払う犠牲は最小限に食い止めたいと思うものです。 私たちが神を信じ神に従うようになると、しばしば「安楽な人生」ではなく「試練に満ちた人生」に直面します。きっと多くの方々は「こんなはずではなかった。何かが間違っているのではないか?」と感じるのではないでしょうか?でも心配はありません。それらは起こるべくして起こっているのですから。 聖書は「神の御手の中に委ねられた私たちの人生」のことを、「陶器師の手の中にある粘土」にたとえています。陶器師が自分の目指す『最高傑作』を造り出すために行う最初のプロセスは、まず粘土を十分にこねて、中にある空気などの不純物を追い出すことです。そうしないと、作品の形が出来上がって窯で焼くときに、中の空気が膨張して、せっかくの作品が壊れてしまうからです。同様に、私たちは「こねられている時」は、やがて出来上がる形が見えていませんから、ただ居心地が悪いだけで、その手の中から逃げ出したくなるかもしれません。でも「神様は良い方だから、きっと最終的に素晴らしい結果を生み出してくださるに違いない」と最後まで信じて神の御手の中にとどまり続けるなら、私たちは自分の思いを超えた神様のみわざが自分の人生を通して成し遂げられるのを体験できるのです。 偉大なキリスト教指導者の1人が次のように言っています。「単に問題から逃れることだけを求めるのではなく、むしろその問題を解決できる者となることを求めなさい。自分の人生に有益な環境を求めるだけでなく、周囲の環境さえも変えることのできる者となることを求めなさい。同じ事を繰り返しながらより良い結果を求めるだけでなく、思いもよらない結果を得るために新たなことにチャレンジしなさい。何故なら、更に偉大な結果を得るために当然払うべき犠牲を払わないことは、何の成長もない人生のために時間を浪費していることと同じなのだから。」 変化を恐れないで、『良き神様』に信頼して、その力強い御手の中にとどまり続けましょう!

メッセージ

2017年7月9日 「JCFのVision」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「JCFのVision」        (09/07/2017) ◆神の目的 [マタイ24:14] ・この世界に対する『神の究極的なゴール』は、すべての造られた者が、「神は私たちを愛しておられ、イエス・キ リストを通して私たちを招いておられる」ということを知ること。この大目標を神と共有することは、限りなく重要。 ◆神の方法 [ヨハネ17:21-23] ― ただせっせと伝道すればいいわけではない! ・神がキリストにあってお選びになった私たち(クリスチャン)が「1つとなる」ことによって。 ・神は私たちの「雄弁な説教」によってではなく、『愛に満ちた交わり』を通して、まだ神の愛を知らない人々をご 自身の許へと引き付けようとしておられる。何故なら、人々を招き寄せるのは『神ご自身』であり、神は「本物の 愛がある交わり」の中に住まわれるから。[Ⅰヨハネ4:9-12] ◆神の願い ・神は、ご自身の間、すなわち「父・子・聖霊」の間にある『愛の交わり』があまりに豊かに溢れていたので、その 交わりの中にもっと誰かを招き入れたいと願われ、私たち人間を造られた。だからこそ神は、今日も私たち1人 1人、そしてご自身の教会であるこのJCFを、ご自身との交わりへと招かれる。 この招きに応えることこそ、私たちの人生における最優先事項! ◆JCFのVision   《 ①『神』との関係 ⇒ ②『神の家族』との関係 ⇒ ③「神の家族以外」との関係 》 ・何よりもまず「イエス・キリストを通しての神との関係」を求めましょう。日々神との十分な交わりの時間を取り、 「もっと神を知り、神と親しくなること」を求めましょう。そして神の愛が聖霊によって内側に溢れてきたら、まず 自分の家族、そして神の家族にその愛を惜しみなく注ぎ出しましょう。教会の中で、互いの弱さや欠けたところ を補い合って「キリストのからだ」を一緒に建て上げましょう。そして、私たちの間に溢れ出てくるこの『神の愛』 の中に招き入れるようにして、まだ「キリストにある神の愛」を知らない人々を、共に招き入れて行きましょう!   Outline of the sermon          “Our Vision.”         (09/07/2017) ◆Where Read more…