メッセージ

2013年4月28日 「あなたはイエスを誰だと言いますか?」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ      「あなたはイエスを誰だと言いますか?」  (28/04/2013) [ヨハネ18: 12-27]  ◆3度「イエスを知らない」と言ったペテロ。[17,25~27節]   ・更に詳しい記述。[ルカ22:60-62]   ・イエスが予告された時の場面。[ヨハネ13:36-38]   ・イエスは以前こう言われた。[マタイ10:33] イエスは何故こんな「子供の仕返し」みたいなことを言われたのか? ◆イエスと大祭司とのやり取り。[19~24節] (アンナスとカヤパの関係 [12~13,15節])   ・イエスはアンナスとの会話では多くを語っているが、大祭司カヤパの前では黙して語らず、たった1つの質問を     されたときにのみ答えている。その質問とは・・・ [マタイ26:62-64]   ・この「イエス・キリストこそが、神のもとから遣わされたひとり子・救い主だ」ということが、他の何にもまさって    重要な真理であり、信頼に値すること。(神が何よりも私たちに知ってほしいこと) ◆なぜペテロは退けられなかったのか?   ・では、ペテロは失格だった? ― No.理由は、[マタイ16:13-18](3福音書とも「ペテロの告白」として述べている)   ・裏切ったのは、ペテロだけではない。大祭司の知り合いで、身の安全が保証されていたヨハネ以外の弟子は、    皆イエスを見捨てて逃げてしまった。このペテロの挫折は、更にキリストに近づくために欠かせない経験。   ・聖書は「ヒーロー列伝」ではない。信仰の偉人たちの失敗談を包み隠さず述べている。(アブラハム、ダビデ・・・)    それは、神は「自信満々の人」ではなく、「私たちの弱さ」を通して働かれることを教えるため。[Ⅱコリント12:9]    実際キリストを求め、近く歩むほど迫害を受ける。だがそこには彼らしか味わうことのできない神の深い憐れみ・     慰めがある。パウロはその手紙で「弱さの中に現れる神の恵み」を語る直前にこう証した。[Ⅱコリント11:23-29] ◆パウロは迫害の真っ只中にいたローマのクリスチャンたちにこう言っている。[ローマ10:9] ☆「あなたはイエスを誰だと言いますか?」     Outline Read more…

By Ken, ago