聖書

(88) “何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪をおおうからです。”

キリスト教の教えと言えば、『愛』とか『罪の赦し』などということばが思い浮かぶと思いますが、一体この2つはどのような関係があるのか、考えたことがあるでしょうか? 「愛の反対語」は、「憎しみ」と考える人が多いようですが、実際は『愛』と対極にあるものは「無関心」や「自己中心」といったものです。ある人は「愛なしに与えることはできるが、与えることなしに愛することはできない」と言いました。愛とは、相手のために自分の時間や労力、財産、そして時にはいのちまでも与えさせるものです。 それでは『罪』とはなんでしょうか?『殺人』『盗み』『強姦』などの刑事上の罪もあれば、『偽り』『欺き』『裏切り』などの道徳上の罪もありますよね。面白いことに、聖書はこれらのことに加えて次のような「罪の定義」をしています。「なすべき正しいことを知っていながら行わないなら、それはその人の罪です。」 電車やバスの中でお年寄りや妊婦さんに席をゆずってあげないこと、あるいは、道端で苦しそうにうずくまっている人に手を貸してあげないことこそ『罪』だと言うのです。これらは相手に対する『憎しみ』から出ているのではなく、私たちの中にある『自己中心性』や『無関心な態度』から出ているのです。 聖書は私たちに「罪から離れるように」と強く勧めています。そしてそれは「愛に生きること」によってこそ可能になるのです。『愛』とは、何か感傷的なものではなく、また男と女がイチャイチャすることでもありません。自分が持っているものを、それを必要としている人に与えることです。そしてそれを実践する力は「愛である神」から注がれるのです。このお方と心のベルトを掛け合って生きるとき、私たちはもはや周囲の人々に対して無関心ではいられません。そしてこの神ご自身が、罪の力に縛られていた私たちを黙って見ていることができずに、人(イエス・キリスト)の姿を取ってこの世に来られたのです。  

By Ken, ago
メッセージ

2013年7月28日 「『赦された者』として生きる」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「『赦された者』として生きる」     (28/07/2013) [ヨハネ 20:19-23]  ◆復活のからだ [19~20節]    ・イエスは鍵がかかった部屋に入ってきた。 「復活のからだ」とは?[Ⅰコリント15:35-36, 42-44, 47-49] ◆「父がわたしを遣わしたように・・・」[21節]   ・わたしたちは、イエスが地上でなさっておられたわざを継続するために、今地上に生かされている。 ◆罪を赦す権威 [23節]   ・ここでイエスが強調された「ご自身のわざの継続」は、「罪を赦す」こと。驚いたことに、私たちには「人の罪を    赦したり、そのままにしておく権威」をも委ねられている。 これは一体どういう意味? ◆主の祈り(後半)[マタイ6:12-15]   ・もし私たちが「赦す」なら、それは「自分を神の権威の下に置く」こと。しかし「赦さない」なら、それは「サタン(訴     える者)の権威の下で生きる」こと。 イエスのメッセージは、「『赦す者』となるために、まず赦されなさい!」   ・もしイエスが「人々に赦しを与えるための十字架の道」を避けて通っていたら、今も私たちは罪のうちにいる。    同様に、私たちが「自分に罪を犯す者を赦す道」を避けて通るなら、その人は罪から解放されることはない。 「ただで与えられる『恵み(赦し)』は、それにふさわしくない者(私)たちに与えられるだけでなく、 その『反対のもの』がふさわしい者にも及んでいる。」    [ローマ5:8] ☆あなたが「赦せないでいる人」が赦されるかどうかは、あなたの赦しにかかっている。 そしてイエスは、(赦されるべきでない)あなたをも赦すために、十字架にかかられた。     Outline of the sermon    “Live as ‘a Read more…

By Ken, ago
聖書

(87) “むちを控える者はその子を憎む者である。子を愛する者はつとめてこれを懲らしめる。”

現代ほど子どもを育てるのに知恵を必要とする時代はかつて無かったのではないでしょうか?暴力や破廉恥に満ちた漫画やゲーム。インターネットの蔓延。いじめや麻薬。そして多くの家庭は共稼ぎで、子供たちはお金だけ与えられて放置されています。「私は自分の子どもを愛しています」と言うかもしれません。しかし正しい『しつけ』抜きの愛は、単なる『甘やかし』に過ぎません。 私たちは単に「自分の子ども」を育てているのではなく、『次世代』を形造っているのです。ですから、「責任感のある、困難に負けない子供たちを育てること」は、神から私たちに委ねられている大きな責任だと言うことができます。そのために正しいルールを教え、それをしっかりと守って生きるようにしつけることはどうしても必要です。『ルール』というとどうしても「拘束される」というイメージがありますが、適度な理にかなったルールは、かえって子どもを安心させ、「自分は大切にされている」と感じさせるものです。 下記に「子どもを正しくしつけるため」のいくつかのガイドラインを述べておきます。 ①  「どうしても守らなければならない、必要最小限の『ルール』を作って、よく子どもに理解させる」 ・親として自分に都合が良いルールを作るのではなく、愛情を込めて「子どもを危険から守り、責任感のある大人となることを助ける、実行可能で具体的なルール」(多くても5つくらい)を作りましょう。それらを子どもに分かりやすく説明してあげてください。子どもがそのルールを破った時に、自分が何故叱られているのか分からないのでは、かえって子どもは混乱し、イライラするようになります。分かりやすい言葉で紙に書いて壁に貼っておくのも良いかもしれませんね。そして、叱る時には必ず一貫性を持たせるようにしてください。ルールを破ってもある時は叱られ、またある時は叱られなかったというのでは、ルールを作った意味がなくなりますから。 ②  「それらのルールを、子どもを『さばく』ためではなく、『成長を励ます』ために用いる」 ・複数のお子さんをお持ちの方によく見られることですが、決して兄弟同士、また近所の子供たちと比べた評価をしてはいけません。「アナタはどうしてOOちゃんのようにできないの!」 それは無理な話です。神様は1人1人をユニークに造られたのですから。また『レッテル貼り』をしないことです。「ホントにお前はのろまなんだから・・・」などのような言葉は、子供たちの心に「私はのろまだから、何をやってもダメなんだ」という呪いをかけます。子供たちの誤った行動を叱ることはあっても、人格を決め付けるような表現は避けましょう。 最後に、『No』ということを恐れないで下さい。子どもがいくら駄々をこねても、あるいは脅してきても「ダメなものはダメ」なのです。子どもも賢いですから、「だってお母さんだって・・・したじゃん!」などと言って、何とか自分の思い通りに親を動かそうとすることがあります。そんな時はしっかりと「親としての権威」に立ってください。但し、親だって間違いを犯すことはもちろんあります。その時は自分の過ちを素直に認めるように心がけましょう。「子どもは親の言うことは聞かないが、することは真似する」というのは本当です。親が自分の非を素直に認める態度を一貫していれば(もちろん、間違ってばかりでは困りますが・・・)、子どもも謙虚に育ちます。 「自分自身が神を畏れ敬いつつ正しい生き方を心がけ、子供たちをも神を畏れ人々を愛する子どもに育てる」、これが『次世代を育てる責任』を与えられた私たちの生き方なのではないでしょうか?

By Ken, ago
メッセージ

2013年7月21日 「イエスに名を呼ばれる者」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「イエスに名を呼ばれる者」     (21/07/2013) [ヨハネ 20:11-18]  ◆マリヤをイエスに出会わせたもの    ・弟子たちと違って、マリヤはすぐにはその場を去らず、もうしばらくとどまった。 Extra(余分な) + Ordinary(ありふれた) = Extraordinary(並外れた)   ・私たちをイエスに出会わせるのは、一見『無駄』と思えるような余分な時間を共に費やすこと。 ◆マリヤがイエスだと気付いたきっかけ [16節]   ・「名前を呼ばれる」ということ。 ― 個人的な関係。[イザヤ43:1,ヨハネ10:2-3]   ・「イエスを知っていること」ではなく、「イエスに知られていること」が重要。[マタイ7:21-23]   ・「私たちが主にあって何をしたか」ではなく、「私たちの名が天に書き記されていること」に注目。[ルカ10:20] ◆「天に名が記されるため」に、私たちに何ができるか?   ・[ヨハネの黙示録20:12-15] ― 私たちの『行い』は、さばきの日に何らかの関わりはあるようだが、 『救い』に関しては、「いのちの書に名が記されているかどうか」だけが決め手。        *言い換えるなら、「神に私たちの名を覚えてもらうために、私たちの側でできること」は、何もない!   ・たった1つ、私たちが気をつけるべきこと [マタイ10:28-33]     「人々の前でイエスを認める」 すなわち・・・  ⊚「神は、そのひとり子を身代わりに死なせるほどに、私を愛しておられる」と、誰の前でも告白する者。 その人の名は、確かに神に覚えられている。 ◆[Ⅰコリント8:2-3] Read more…

By Ken, ago
聖書

(86) “無慈悲、憤り、怒り、叫び、そしりなどを、いっさいの悪意とともに、みな捨ててしまいなさい。”

毒蛇にかまれた男が、慌てて病院に駆け込みました。診察を終えてから男は医者に尋ねました。「命に関わるようなことはあるのでしょうか?」 医者は答えました。「咬まれた傷自体は大したことはありませんが、毒が体に残っていると、その危険はあります。」 私たちの人間関係にも同じようなことが言えます。誰かから嫌なことを言われたり、意地悪をされたりすることは心が痛みますが、その『キズ』自体は致命的ではありません。むしろそれをどう解釈するかが、私たちの人生や人間関係に大きな影響を与えます。私たちの人生に起こる出来事の中には、私たちには選ぶことのできないものもあります。しかし、私たちの人生を壊したり蝕んだりするのは、『出来事そのもの』ではなく、「その出来事をきっかけに私たちの心の中に起こった反応を、私たちがどう処理するか」にかかっています。心に生じた苦々しさを何度も何度も思い返していくうちに、やがてそれが相手への憎しみ(毒)となり、あなたの心を支配し、神様があなたのために備えてくださっている祝福を奪っていくのです。 しかし神様は、私たちがそのような悲劇から逃れるための道を用意してくださいました。それは『赦し』の道です。聖書は言います。「神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。」 神は、罪なきご自分のひとり子イエスを、私たちの罪の身代わりに十字架におつけになりました。私たちの『罪』とは、「いつでも自分が1番良い目をみたい、というワガママで自己中心的な心の態度」のことです。神はその罪の『責め』を私たちに負わせる代わりに、イエス・キリストに負わせたのです。それは私たちがもはや「罪の責め」を誰に負わせることもしないようになるためなのです。 憎しみや恨みからは何も良いものは生まれません。私たちがこれらのものから解放されるためには、それらの毒を吸い出してもらうことです。イエス・キリストを通して示された神の『愛と赦し』は、私たちの心に巣食おうとする毒を吸い出す力があるのです。あなたはもうこの『愛と赦し』を受け取りましたか?

By Ken, ago
メッセージ

2013年7月14日 「イエスは生きておられる」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「イエスは生きておられる」     (14/07/2013) [ヨハネ20: 1-10]  ◆墓の中にイエスの死体がなかったことを理由づける、4つの理論    ①墓を間違えた。  ②死体が盗まれた。(祭司長たち,泥棒[5節],弟子たち[マタイ28:11-15])    ③イエスは死んでいなかった(蘇生説)。  ④本当によみがえった!(1番もっともらしい)   ◆弟子たちはまだ理解していなかった。[9節] - [ヨハネ16:16-17](これはたった数日前のこと)   ・なぜ?    地上のこと(人間に属すること)しか考えていなかったから。[マルコ8:31-33]             「神のための自分」 ではなく、「自分のための神」 ◆「イエスのよみがえり」の2つの意味   ①私たちも皆、いずれ必ずよみがえり、神の前に立たされる [ヨハネの黙示録20:12-13]     ・イエスが弁護人として共に立ってくださるか否かは、生前の決断にかかっている!   ②私たちは「死んでくださった方へのご恩返し」のために生きているのではなく、     「よみがえられて、今日を共に生きてくださる方」と一緒に人生を歩んでいる。     ・「死んでくれてありがとう」ではなくて、「今日も共に生きてくれてありがとう」と言うべき。     ・キリストを知る前の古い生き方ではなく、キリストを連れて歩くにふさわしい生き方。[Ⅱコリント5:15] ☆イエス様、今日もいっしょに生きましょう!   Outline of the sermon      “Jesus is alive now!”     (14/07/2013) [John Read more…

By Ken, ago
メッセージ

2013年7月7日 「神のわざを運ぶ器」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「神のわざを運ぶ器」     (07/07/2013) [ヨハネ19: 31-42]  ◆死後にも預言を成就させたイエス。[36~37節]   ・このことは「イエスこそ確かに預言されていたメシアそのものである」ことの証明。 ①   「すねを折らない」とは?[33節] ・十字架上の死刑囚は、すねを折られることによって『窒息死』を避けられなくなる。 ②   何故「血と水」が出てきたのか?[34節]      ・死んだ時のイエスは、心機能不全状態で、心臓と肺の周りに多くの水が溜まっていた。この「水と       血」が出てきたのは、イエスが確かに死んでいた証拠。「イエス蘇生説」の可能性はない。 ◆2人の『隠れキリシタン』。[38~39節]   ・本来なら家族や近親者(弟子たち)が遺体を埋葬するはずだが、その多くは逃げてしまっていた。   ・普段隠れていたヨセフとニコデモだったが、その信仰は静かに燃えていた。彼らは勇気を出して「犯罪    者として殺されたイエス」を葬った。普段華々しく燃えている人々が、必ずしも「信仰的」とは限らない。 ◆[Ⅱコリント4:7] ☆この週も「神のみわざ」があなたを通して現されますように!   Outline of the sermon    “Jars of clay carrying God’s Work”  (07/07/2013) [John 19: Read more…

By Ken, ago
聖書

(85) “そこでピラトは、群衆の目の前で水を取り寄せ、手を洗って、言った「この人の血について、私には責任がない。」”

皆さん知っていましたか、天国には悪い人ばかりいて、地獄には善い人ばかりがいるんだそうですよ。だって天国では皆が互いに 「ボクが悪かったんですよ。」 「いえいえ、私の方こそ悪かったんです!」 と言い合っていて、逆に地獄では皆が 「オレは悪くないぜ。悪いのはアイツだよ。」 「何言ってるのよ。私はちっとも悪くなんかないわ。そもそもアナタのせいじゃないの!」 と互いに自己弁護し、罪を人になすりつけているんですから… 上記はもちろん1つの寓話ですが、このように「失敗を誰かのせいにばかりしている人の周りには、決して幸福は生まれない」ということは言えるかもしれません。 私たちは現代、今までにない「責任をなすりつける」という習慣にまみれた時代に生きていると言えるかもしれません。人々は様々な理由を付けて「責任を追及されることを避けるための言い逃れ」をすることに夢中です。「自分がこうなったのは、アイツのせいだ。あの出来事のせいだ。」と。そして問題の発祥は決して自分ではないのです。 他の人に責任をなすりつけることは、一時的にはあなたの気持ちを楽にするかもしれませんが、それはあなたを中心とした人間関係を徐々に蝕んでいくのです。たとえ誰にも気づかれなかったとしても、世界に少なくとも2人は真実を知る者がいます。それは神様とあなた自身です。自分の責任を無視しようとし続ける限り、神のまなざしはあなたの『自責の念』を増長させることにしかなりません。しかし、もしあなたが神の前に自分の落ち度を認め、人々に対する責任を果たそうと努めるなら、その同じ神のまなざしが「愛のまなざし」と感じ取れるようになるのです。 もし非が他の人にあるのなら、その責任はその人自身が取らなければなりません。誰であっても「自分の非を認め、神を敬いつつ自分の責任を果たしていく」ところに、真の解決、そして解放があるのです。

By Ken, ago
聖書

(84) “神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします。”

「後悔先に立たず」ということわざがありますが、実際には『後悔』には2種類あって、そのうちの1つは私たちに『死』をもたらし、もう1つは逆に『いのち』をもたらします。 「死をもたらす後悔」というのは、次のようなものです。「ああ、こんな不況になると分かっていたら、新しい家なんて買うんじゃなかった。せめてもう少し安い家を買っておけば…。それとも、貸家住まいにしておけば…。前の家で我慢していれば良かったのに…。」 このような「もしOOしておけば…」的な後悔は、私たちを単に落ち込みと失望へと追いやるだけでなく、新たな挑戦へ踏み出すことを押しとどめる『恐れ』となって私たちの人生に大きく立ちはだかるようになります。 では、「いのちをもたらす後悔」とはどのようなものでしょう?それは「この天と地をお造りになった私たちの神は、私たちの失敗よりも大きく、その失敗から私たちの人生を取り返させてくださるほど恵み深いお方である」と信じる信仰から生まれます。事実、私たちの神は「時空を超えて存在しておられるお方」であり、私たちが失敗してしまう前から、私たちのために『バックアッププラン』を備えて下さっているのです。ですから、もし私たちが自分の過去の失敗にいつまでもクヨクヨして下ばかり向いているのではなく、その失敗を取り返させてくださる『恵みに満ちた神』を見上げるなら、神はご自分の力と愛とを私たちに知らせようと、私たちの人生に働きかけて下さるのです。 「自己憐憫しながらの後ろ向きの人生」と「神に信頼して失敗をものともしない人生」、あなたはどちらを選びますか?

By Ken, ago