メッセージ

2017年12月3日 「教会の第1の使命」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「第1の使命」         (03/12/2017) ◆ [ローマ15:5~6] 「父なる神をほめたたえる」 ― 何故? また、どのように? ①忍耐と励ましの神 - 決して「キレない」神。 決して「あきらめない」神。 ・私たちの望んでいるタイミングとは違うかもしれない。しかし必ずみこころを成し遂げる神。 ②キリスト・イエスにふさわしく(キリストに「従って」「倣って」) ・イエスがいつも御父を見上げ、御顔を慕い、信頼して歩んだように。 御父に「喜ばれている者」として。 ③同じ思いを持つ(「同じこと」を考える) ・天の父は「良い父」である! ・すべての賛美を受けるべき唯一のお方。 ・「永遠の視点」を持って。 ④心を1つにして(『使徒の働き』に多用されている表現) ・「私たちの希望は、他ならぬ『アナタ』にあります!」という信仰告白を固く保つ。   ⑤主イエス・キリストの父なる神 ・主イエスを通して表現された神。 ・御子イエスを代価として差し出された神   Outline of the sermon        “Primary mission of the church.”       (03/12/2017) ◆ [Romans15:5~6] “To glorify God” ― Why? And Read more…

メッセージ

2017年11月26日 「キリストのからだを建て上げる」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ       「キリストのからだを建て上げる」      (26/11/2017) *「教会の使命」というテーマで学んでいる。[エペソ4:11-16] 今日は「キリストのからだを建て上げる」ための3要素 ◆全員が必要 [エペソ4:16,Ⅰコリント12:7] ①1人1人がユニーク  ②からだのそれぞれの部分は「自分自身のため」には、ほとんど役に立てない。 ◆キリストに達するため [エペソ4:13, 15] 『キリストの栄光の現れ』のために、「正しいこと」を「正しい時」に「正しい方法」で。 ・教会の働きをする時、「キリストにあって正しいことをしたい!」という願いは皆持っている。そして『みこころ』を 求めはするが、しばしば気がはやって「自分のタイミング」や「自分の方法」で実行しようとしてしまいがち。 ・「キリストに達する」ためには、彼の願うことを、彼の願う時に、彼の願う方法で行う。 ⇒ では、どうやって? ◆『祈り』という結び目 [エペソ4:16] ― 互いのためにいつも祈ろう!(「祈りのしおり」「祈りのカレンダー」の活用) ・『祈り』は「お願い」ではなく、「神とのコミュニケーション」。 「聴く姿勢」が重要。 ✰「ビジョン・サンデー」は、「一緒に考える日」ではなく、『語られたこと』を分かち合う日です!   Outline of the sermon         “Build up the body of Christ.”       (26/11/2017) Read more…

メッセージ

2017年11月19日 「かしらなるキリスト」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「かしらなるキリスト」        (19/11/2017) ◆かしらなるキリスト [エペソ4:15] ・「かしら」(キリストのいのち)によって生かされている者の集まり、それが『教会』。 ・『御霊の実(愛,喜び,平安…)』 ― 私たちは「自分たちがそのようになれなければ」と目指す。 本来これらは「キリストの中」に見出され、私たちがまず受け取って体験するべきもの。[ヨハネ15:9-12] ・「十字架の罪の赦し」に満足せず、「よみがえられたイエスのいのち」を日々受け取ることが重要。 ◆キリストを『かしら』とする ・あなたは『愛・喜び・平安』の源を、「キリストのいのち」以外の場所に求めてはいませんか?[マタイ16:26a] ・『信仰』とは、「自分が握りしめているものより、神がキリストを通して与えようとしているものの方がずっと良い」 と信じて、その握った手を開くこと。「人と違った生き方」を恐れるな!理解してくれる仲間(教会)がここにいる! ✰イエスこそ「すべての良きものの源」であり、しかも「惜しまず与えてくださる方」。 あなたがイエスを人生にお迎えした時から、イエスはずっと『出番』を待っている!   Outline of the sermon        “Christ, the Head of the church.”      (19/11/2017) ◆Christ, the Head of the church. [Ephesians Read more…

メッセージ

2017年11月12日 「良い計画のために造られた」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ      「良い計画のために造られた」     (12/11/2017) ◆全体像を捉える(神の視点で) ・神の心にはいつも「全世界」があり、また「個人」がある。 ― 「世界」のために「個人」が必要とされている。 ・神の夢は、地上に『神の国(神の支配)』をもたらすこと。[マルコ1:15] ・神は良い方であり、私たち1人1人に「初めから」良い計画を持っておられる。[詩篇139:15-16,エペソ2:10] しかし人は目先のことに捕らわれるので、しばしば失敗を繰り返す。 *「神の栄光」と「私たちの喜び」のために、この「神の良い計画」をつかめ! ◆「神のみこころ」としてのJCF ・JCFは「神のみこころ」によって始まり、私たちは今「神の不思議な摂理」によってここにいる。 ・JCFの1つの確かな使命は: 「福音を伝え、弟子として整え、日本(世界)へと遣わす」 こと。 ✰神の確かなご計画の中を歩むため、そのみこころを尋ね求めよう! → ビジョン・サンデー [12月31日]   Outline of the sermon        “Created for a good plan.”      (12/11/2017) ◆What God sees. ・God always hold “whole Read more…

メッセージ

2017年11月5日 「神 ー キリスト ー 教会」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「神 ⇒ キリスト ⇒ 教会」        (05/11/2017) ◆[エペソ1:20-23] ・今やすべての主権はキリストにあり、キリストがその主権をもってご自分のみわざを行うために教会(私たち)を 招かれる。もしその招きを見逃したり拒んだりするなら、キリストのみわざは実現しない。 ・キリスト(私たちのいのち)が現れる時、私たちを通して神の栄光が現される。[コロサイ3:4] 自分自身に頼ってい る間は「この世の下」にあり、決してブレイクスルー(勝利)は来ない。 ◆3つの原則 ①神の地上における働きは、キリストによって行われる。 ②キリストはご自分のわざを、ご自身の教会(私たち)を通して行われる。 ③キリストがこのJCFを通して行おうとしておられる『特別なわざ』がある! ◆私たちの課題 [ローマ12:5] ・『召し』の共有。(上記の③が何であるかを「キリストにあって」見極める。) → ビジョン・サンデー [12月31日]   Outline of the sermon        “God ⇒ Christ ⇒ Church.”      (05/11/2017) Read more…

メッセージ

2017年10月29日 「霊的な波乗り」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「霊的な波乗り」         (29/10/2017) ◆日本訪問レポート ①関西帰国者同窓会  ②関東帰国者同窓会  ③JCFNオフィス訪問  ④懐かしい人々 ◆霊的な波乗り ・信仰生活は「水泳」よりも『サーフィン』に似ている。自分の力に頼るのではなく、いかにして「神の繰り出す波」 に乗るか?それは『神主導』による「神と人との共同作業」 ・私たちのなすべき祈りは、「私を祝福してください」というより、むしろ「あなたの祝福の中を歩ませてください!」 ◆まず内面から [ルカ6:46-49] ・私たちは“Human doing”ではなく“Human being”。 ・聖書の命令は「肉の力で成し遂げるもの」ではなく、「聖霊に『変えられた人々』を通して自然に現れるもの」。 ✰まず「キリストが主である」という土台をしっかり築き、その上にキリストにあって『主のわざ』を建て上げよう!   Outline of the sermon           “Spiritual surfing.”         (29/10/2017) ◆Report from trip to Japan. ①Reunion in Osaka.  ②Reunion in Utsunomiya.  ③Visiting Read more…

メッセージ

2017年9月24日 「聖なる神の宮」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「聖なる神の宮」         (24/09/2017) ◆私たちは『神の神殿』 ・イエスはご自身が『神殿』(神の臨在・聖なるもの)であるという自意識を持っておられた。[ヨハネ2:19-21] ・私たちも『神殿』(神の臨在・聖なるもの・神の注目の的)である。[Ⅰコリント3:16-17] その「存在自体」に価値がある。「建物(外見)の立派さ」が重要なのではなく、『内容物(神の御霊)』が重要。 ◆『聖なる神の宮』として生きる ・「神以外の偶像」を据えないように心を見張る。(悪王マナセのストーリー[Ⅱ列王記21章]から学べ!) マナセは『主の宮』に「偶像のための祭壇」を築いた。この行為は神の逆鱗に触れた。[Ⅱ列王記23:25-26] ・[ヨハネ2章]のイエスの『宮きよめ』は、私たちが「神の宮としての自分」を日々聖く保つべきことを教えている。 神の前の『聖さ』とは、単に「きれいにしてあること」ではなく、「心が分かれていない(定まっている)」こと。 ・この世は様々な魅力をもって私たちの心(主の宮)に偶像を据えようとするが、だまされてはならない! 本当に『良いもの』は、『良い父』だけから来る![ヤコブ1:14-17]   Outline of the sermon      “We are God’s holy temple.”    (24/09/2017) ◆We are “God’s temple”. ・Jesus identified himself as “God’s Read more…

メッセージ

2017年9月17日 「神の国の権威を行使する者」

琢磨くんの洗礼の証をダウンロードして聴く メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ      「神の国の権威を行使する者」     (17/09/2017) ◆神の国の権威を行使する者 [マルコ16:17-18] ・『しるし』 = 「証拠としての奇蹟」 ― 「神の国の民とされている(キリストと交換された)こと」の証拠。 ・私たちはこれらの『現象』を求めがちだが、重要なのは「神の国の民とされている」という事実。[ルカ10:17-20] ◆『神の国の権威』を行使するカギ = 『聖霊』 [使徒1:8] ・そもそも『聖霊』とは何か? ― それは「神のものとされている」というしるし。[エペソ1:13-14] ・神は「初めの人アダム」を造られた時、その鼻から『いのちの息(聖霊の象徴)』を吹き込まれ「ご自身のもの」と された。しかしアダムは神よりも悪魔のことばに従った。この悲しみは深く神の心に刻まれた。 ◆『神のもの』として生きる [ヤコブ4:3-7] ・神は私たちが、地上で『御国の権威の行使者』として生きるために「聖霊の満たし」を求めるなら、喜んで与え てくださる。しかしそれが「自分の願いを実現させるため」であるなら、求め方が間違っている。 ✰こう祈ろう!「天の父よ。私はあなたのものです。あなたの願いを地上で実現する者として使って下さい。       あなたが私に聖霊をお与えになったことを、後悔させない生き方をさせてください。」   Outline of the sermon      “To excise the power of kingdom.” Read more…