メッセージ

2013年7月7日 「神のわざを運ぶ器」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「神のわざを運ぶ器」     (07/07/2013) [ヨハネ19: 31-42]  ◆死後にも預言を成就させたイエス。[36~37節]   ・このことは「イエスこそ確かに預言されていたメシアそのものである」ことの証明。 ①   「すねを折らない」とは?[33節] ・十字架上の死刑囚は、すねを折られることによって『窒息死』を避けられなくなる。 ②   何故「血と水」が出てきたのか?[34節]      ・死んだ時のイエスは、心機能不全状態で、心臓と肺の周りに多くの水が溜まっていた。この「水と       血」が出てきたのは、イエスが確かに死んでいた証拠。「イエス蘇生説」の可能性はない。 ◆2人の『隠れキリシタン』。[38~39節]   ・本来なら家族や近親者(弟子たち)が遺体を埋葬するはずだが、その多くは逃げてしまっていた。   ・普段隠れていたヨセフとニコデモだったが、その信仰は静かに燃えていた。彼らは勇気を出して「犯罪    者として殺されたイエス」を葬った。普段華々しく燃えている人々が、必ずしも「信仰的」とは限らない。 ◆[Ⅱコリント4:7] ☆この週も「神のみわざ」があなたを通して現されますように!   Outline of the sermon    “Jars of clay carrying God’s Work”  (07/07/2013) [John 19: Read more…

By Ken, ago